総合法律支援法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
総合法律支援法
日本国政府国章(準)
日本の法令
法令番号 平成16年6月2日法律第74号
効力 現行法
条文リンク 総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

総合法律支援法(そうごうほうりつしえんほう、平成16年6月2日法律第74号)は、日本の法律。目的は、裁判等の利用をより容易にするとともに弁護士等のサービスをより身近に受けられるようにするための総合的な支援の実施及び体制の整備に関し、その基本理念等を定めることと、法テラスの組織及び運営について定め、より自由・公正な社会の形成に資することにある(1条)。

構成[編集]

  • 第1章 総則 (1条)
  • 第2章 総合法律支援の実施及び体制の整備(2 - 12条)
  • 第3章 日本司法支援センター(13 - 51条)
    • 業務方法書・法律事務取扱規程の作成・変更には法務大臣の認可が必要である(34・35条)。
  • 第4章 罰則(52 - 55条)
  • 附則