総合口座通帳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

総合口座通帳(そうごうこうざつうちょう)

  • 民間金融機関が個人向けに開設している、定期預金国債などを担保として、普通預金への貸越サービスなどを利用できる口座総合口座と呼ぶ)の複合型通帳冊子のこと。1冊に組み込める科目は各金融機関によって異なるが、一般的には、普通預金・定期預金の2科目は具備され、金融機関によってはさらに貯蓄預金や積立預金、その他がセットできるケースが見られる。
  • ゆうちょ銀行が発行する通帳の一つで、民営化前の郵便貯金総合通帳(通称・「ぱ・る・る」)の後身となるもの。一般的な民間金融機関とは異なり、個人に限定されず、個人事業主や法人名義、任意団体等名義であっても発行可能。口座という名称は付いているが、厳密には口座ではない。ゆうちょ銀行の定義としては、送金機能の付いた通常貯金・通常貯蓄貯金を「総合口座」としているが、冊子としては通常貯金と担保式の定期・定額貯金が1冊になっているものを指す(このため、通常貯金に送金機能が付加されない場合、すなわち「総合口座」となっていない状態でも、「総合口座通帳」の冊子で発行される)。