緊急脱出用ロケット海岸発射試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
緊急脱出用ロケット海岸発射試験
Beach Abort.jpg
発射試験前、緊急脱出用ロケットとともに地上に設置されたマーキュリー宇宙船の実物大模型。1959年7月22日
任務種別 緊急脱出用ロケット試験
運用者 NASA
任務期間 1分16秒
飛行距離 1.6キロメートル[要出典]
遠地点 0.8キロメートル[要出典]
特性
宇宙機 マーキュリー宇宙船1号機
製造者 マクドネル・エアクラフト
打ち上げ時重量 1,007キログラム
任務開始
打ち上げ日 1960年5月9日
ロケット マーキュリー緊急脱出用ロケット
打上げ場所 ワロップス飛行施設
任務終了
着陸日 1960年5月9日

Mercury insignia.png

マーキュリー計画
緊急脱出用ロケット試験

緊急脱出用ロケット海岸発射試験 (: Beach Abort) はNASAのマーキュリー計画の中で行われた、マーキュリー宇宙船緊急脱出用ロケットの無人の発射試験である。目的は脱出ロケット、パラシュートおよび着水システム、ロケットが発射台から離れた状況での発射中止時における回収作業の手順を検証することであった。試験は1960年5月9日、バージニア州ワロップス島のNASAの実験施設で行われ、マーキュリー宇宙船とその脱出用ロケットは地上で点火された。飛行は1分16秒で終了し、高度は751メートル、飛行距離は970メートル、最高速度は秒速436メートル (時速1569.6キロメートル) だった。宇宙船は発射から17分後に海兵隊のヘリコプターによって回収された。試験はおおむね成功だったが、脱出ロケットが切り離されたときの宇宙船との距離が不十分だった。この試験で使用されたマーキュリー宇宙船1号機はマクドネル社の工場で製作された宇宙船の初号機であり、総重量は1,154キログラムだった。

マーキュリー宇宙船1号機は、現在はニューヨーク州コロナ公園 (Corona Park) のニューヨーク科学博物館 (New York Hall of Science) に屋内展示されている。天井からつり下げられ、脱出ロケットが装着されているが、ロケットの出所は不明である[1]

Flight of the spacecraft and launch escape system
宇宙船と脱出ロケットの飛行の様子。写真 (6) で双方が分離し、宇宙船はパラシュートで着水した。


参照[編集]

脚注[編集]

 この記事にはアメリカ航空宇宙局が作成したアメリカ合衆国政府の著作物であるウェブサイトもしくは文書本文を含む。

  1. ^ New York Hall of Science Rocket Park Exhibit”. 2008年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月24日閲覧。

外部リンク[編集]