綿襖甲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
李氏朝鮮の綿襖甲とその内部構造。表から鋲留して裏側に小札(甲片)を止める。

綿襖甲(めんおうこう、満州語:yohan uksin)とは、中国を中心とする東アジアにおいて、最も広く使われたの形式の一つ。綿襖冑、綿甲、綿甲冑、綿冑とも呼ばれる。 二枚の布の間に綿などを挟み込んだで、世界中で使用されているキルティングアーマーの一種と言える。また、形状や役割が近いものとしては西洋で使用されたコート・オブ・プレートブリガンダインなどがある。 特徴的なのは、形状を外套状にしている事と、外側から金属製のを打って内側に製の小札(こざね)を止めている事である。 単に鎧としてのみではなく防寒の機能もあるため、北東アジアの寒い地方では特に好まれた。 生産が比較的容易であるため主に下級兵士のとして使用されたが、モンゴル帝国から代以降は上級者も含めて最も広く使用された。明に続く女真族でも同様である。朝鮮半島でも元の支配下にあった高麗後期から採用され、李氏朝鮮では全時代で上級者用として使用され続けた。 こうした後期の綿襖甲は、表側に甲がない事を生かして、美麗な刺繍などの装飾が施されている物が多い。

日本における綿襖甲[編集]

日本では古墳時代以来の挂甲短甲奈良時代まで生産されていたが、生産数は少なく諸国で年に各数領しか生産されていなかった。

天平宝字3年(759年)に第13次遣唐使が綿襖甲を持ち帰り、それを参考にして「唐国新様」として天平宝字6年(762年)正月に、東海道西海道南海道、各節度使の使料として各20250領を生産する事を大宰府に命じた。更に同年2月には1000領を作って鎮国衛府に貯蔵する事を命じている[1]。 また、宝亀11年3月(780年)に勃発した宝亀の乱の際には征東軍に対して、5月に甲600領が支給され、7月に要請に応じて甲1000領と襖4000領が支給された[2]。 この場合の甲とは鉄甲(挂甲短甲)を指し、襖は綿襖甲を指すと思われる。

その直後の8月には、「今後諸国で製造する甲冑は鉄ではなく革で作るように」という[3]があり、この時点で綿襖甲の生産も停止された可能性があるが、延暦6年(787年)の記録に「蝦夷に横流しされた綿で敵が綿冑を作っている」という記述[4]もあり、綿襖甲が日本で作られなくなった時期は判明していない。

脚注[編集]

  1. ^ 『続日本紀』天平宝字6年正月及び二月の条
  2. ^ 『続日本紀』天平宝字6年5月及び7月の条
  3. ^ 『続日本紀』宝亀11年の条
  4. ^ 『類聚三代格』巻19

外部リンク[編集]