綾錦久五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

綾錦 久五郎(あやにしき ひさごろう、1911年12月8日 - 2003年2月24日[1])は、石川県羽咋郡志賀町出身で湊川部屋(入門時は振分部屋)所属の1930年代に活躍した元大相撲力士。本名は土田 久二(つちだ ひさじ)。現役時代の体格は身長176cm、体重82kg。最高位は西前頭11枚目(1938年5月場所)。得意手は左四つ、下手投げ、捻り、足癖。

経歴[編集]

1928年10月場所にから初土俵を踏む。入門時は振分部屋に一時期預けられ、部屋の再興のときに湊川部屋に移籍した。1934年5月場所に十両昇進。十両は3場所で通過し、1936年1月場所に新入幕。幕内を3場所務めたが、勝ち越した場所は1場所のみに留まった。十両に陥落して2勝13敗と大敗した1939年5月場所に27歳で廃業。廃業後は自営業を営んだ後、1955年から1991年頃まで佐渡ヶ嶽部屋でコーチ役として後進を指導していた。

略歴[編集]

主な成績[編集]

  • 幕内成績:14勝23敗 勝率.378
  • 幕内在位:3場所
  • 各段優勝
    • 十両優勝:1回(1935年5月場所)

改名歴[編集]

  • 能登錦 久二(のとにしき ひさじ)1928年10月場所 - 1934年9月場所
  • 綾錦 久二(あやにしき -)1935年1月場所 - 1937年5月場所
  • 綾錦 久五郎(- ひさごろう)1938年1月場所 - 1939年5月場所

脚注[編集]

  1. ^ 相撲人名鑑(綾錦 久五郎)

関連項目[編集]