綾岡輝松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

綾岡 輝松(あやおか きしょう、文化14年〈1817年〉 - 明治20年〈1887年5月24日)とは、江戸時代後期から明治時代にかけての浮世絵師、書家。

来歴[編集]

本姓は池田、通称は奈良屋吉兵衛。輝松と号す。江戸日本橋の呉服屋に生れる。はじめ本石川町川岸に住む。絵を柴田是真、書を中川憲斎に学ぶ。作画期は嘉永から明治にかけてで、団扇絵の意匠に巧みで能書家でもあり、摺物も残している。嘉永3年(1850年)、湯島天神迷子石を奉納しこれが迷子石の流行の始めとなる。享年76。子に綾岡有真がいる。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • 井上和雄編 『浮世絵師伝』 渡辺版画店、1931年 ※国立国会図書館デジタルコレクションに本文あり。48コマ目。
  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年
  • 上田正昭ほか編 『日本人名大辞典』 講談社、2001年