綱本将也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
綱本 将也
本名 綱本 将也
生誕 (1973-09-25) 1973年9月25日(45歳)
日本の旗 東京都
国籍 日本
職業 漫画原作者
活動期間 2000年 -
ジャンル ストーリー漫画スポーツ漫画青年漫画
代表作U-31
GIANT KILLING
※いずれも原作担当。
受賞 第34回講談社漫画賞一般部門
2010年、『GIANT KILLING』)
テンプレートを表示

綱本 将也(つなもと まさや、1973年9月25日 - )は、日本漫画原作者東京都出身。

来歴・人物[編集]

デビュー作は2002年に『モーニング』(講談社)に掲載された、元アトランタ五輪代表の苦悩と復活を描いた『U-31』。およそ2年半の掲載ではあったが、そのリアルな描写で一部のサッカーファンから反響を得た(特に作品の舞台モデルとなったジェフユナイテッド市原・千葉(以下「ジェフ千葉」)のサポーターの反響が大きい。また綱本自身も千葉サポーターである)[要出典]

その後も、主にサッカーを題材とした作品の原作を手がけ、『マガジンSPECIAL』での『Goal Den Age』を経て、古巣の『モーニング』で『GIANT KILLING』を掲載している[1]

また、若い頃は馬券で生計を立てていたほどの競馬ファンであり、『ヤングチャンピオン』(秋田書店)にて、日高地方出身の競走馬を描いた漫画『スピーディワンダー』を2010年から2016年まで連載した[2][3][4]。また、競馬予想コラムも併せて連載している。

2011年から2012年にかけてFC町田ゼルビアスポンサーを務めていたほか[5]、2014年時点でジェフ千葉のスポンサーであった(スポンサー名義はいずれも「綱本牧場」[6])。あくまでジェフサポーターとしての立場を優先するため、ジェフとゼルビアが直接対決する場合にはゼルビアのスポンサードは中止していた[6]。なお2017年現在はジェフ千葉のスポンサーからも姿を消している。

主な作品・連載[編集]

漫画[編集]

雑誌[編集]

脚注[編集]