維新帝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
維新帝
阮朝
11代皇帝
Vua Duy Tan nho.jpg
維新帝(ズイタン帝)
国号 大南
王朝 阮朝
在位期間 1907年 - 1916年
都城 順化皇城(現フエ
姓・諱 阮福晃、阮福永珊
廟号 なし
生年 (1900-09-19) 1900年9月19日 フエ
没年 (1945-12-26) 1945年12月26日(満45歳没)
成泰帝
阮氏定
后妃 枚氏鐄
陵墓 安陵
元号 維新

維新帝(いしんてい、ズイタンてい、Duy Tân、1900年9月19日 - 1945年12月26日)は、ベトナム阮朝の第11代皇帝。諱は阮福永珊(Nguyễn Phúc Vĩnh San)、後に阮福晃(Nguyễn Phúc Hoảng)と改めた。1907年9月、父の成泰帝宗主国フランスの圧力により退位させられたため、7歳で皇帝に即位した。なお、生年月日には異説がある。

経歴[編集]

1916年5月2日未明、ファン・ボイ・チャウが組織した「ベトナム光復会」の叛乱計画に呼応してフエ王宮を脱出したが、6日に逮捕、直ちに廃位され、父の成泰帝とともにマダガスカル島沖の孤島・レユニオン流された

第二次世界大戦中、自由フランスに共鳴し、通信技術の心得があった彼は、ヴィシー政府の占領下にあったレユニオン島にて2年間にわたり島の情報を連合国側に流し、また島内のレジスタンスに連合国の状況を伝えた。1942年5月、ヴィシー政府側にレジスタンス運動を露見され、隔離病院に監禁されたが、1942年11月28日、レユニオン島の戦い英語版にて救出される。同日、自由フランス海軍駆逐艦レオパールの通信要員として参加。同年12月5日、陸軍少尉に任官。パリ解放後の1944年12月5日に大尉、1945年7月25日に少佐、9月に中佐となっている。

1945年8月、日本軍降伏に呼応してベトナム八月革命が起こると、保大帝ホー・チ・ミンの呼び掛けにより退位し、ベトナム民主共和国最高顧問に迎えられた。これを受けてフランスのド・ゴール将軍は、保大帝に代わる親仏派の指導者として維新帝に注目し、同年12月14日に会見した。その後帰国のため一旦レユニオン島に戻る途中、12月26日グリニッジ標準時18時30分ごろ、フランス領赤道アフリカウバンギ・シャリ植民地(現中央アフリカ共和国)付近で乗っていたロッキードC-60英語版が墜落、死去した[1]

改葬[編集]

1987年、維新帝の息子であるバオ・バンと旧阮朝一族は、維新帝の遺骸をアフリカからベトナム・フエへと持ち帰ることにした。埋葬されていた遺体は中央アフリカ共和国当局に回収されたのち、3月28日、一旦パリのヴァンセンヌ寺院フランス語版にて仏教式葬儀が行われ、ジャック・シラク首相、ジャック・フォッカールフランス語版元マダガスカル共和国事務総局長、自由フランス協会会長ジャン・シモンフランス語版元帥、トラン・カン・カーン駐仏ベトナム大使らが参列した[2]

4月4日、フエに伝統儀礼に則って祖父の育徳帝陵のかたわらに改葬した[3]

その後、バオ・バンは、2001年に維新帝の生涯を記した著書『Duy Tan, Empereur d'Annam 1900-1945』を執筆している[1]

子女[編集]

マリー・アン・ヴィアーレとの子
  • アルマンド・ヴィアーレ:1919年~?
フェルナンド・アンティーとの子
アーネスティン・イヴェット・マリオットとの子
  • アンドレ・マリオット・ヴィン=サン:1945年 - 2011年

脚注[編集]

  1. ^ L’ACCIDENT D’AVION 26 DÉCEMBRE 1945” (フランス語). IENTÔT LA SORTIE D'UN LIVRE SUR L'EMPEREUR DUY TAN.. 2017年3月10日閲覧。
  2. ^ Cérémonie à la Pagode de Vincennes” (フランス語). IENTÔT LA SORTIE D'UN LIVRE SUR L'EMPEREUR DUY TAN.. 2017年3月10日閲覧。
  3. ^ CÉRÉMONIE D’INHUMATION A HUE VIET NAM” (フランス語). IENTÔT LA SORTIE D'UN LIVRE SUR L'EMPEREUR DUY TAN.. 2017年3月10日閲覧。
  4. ^ Trưởng nữ của Vua Duy Tân, công chúa Suzy Vĩnh San” (ベトナム語). Mathilde Tuyết Trần. 2017年3月10日閲覧。
先代:
成泰帝
阮朝皇帝
第11代:1907年 - 1916年
次代:
啓定帝