絶対格

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

絶対格(ぜったいかく、absolutive case)とは、の一つであり、能格言語(能格的な格配列の言語)において自動詞文の主語(自主)と他動詞文の目的語(他目)が取る格がこう呼ばれる[1][2]

ごくわずかの例外を除いて、絶対格は形式的にも機能的にも無標である[3]。つまり、他の格形式の元になる形であり、名詞の引用形式として用いられる。

名称[編集]

能格言語における自主と他目の格を最初に absolutive(絶対格)と呼んだのはエスキモー語の研究者で、20世紀後半にはこの呼称が一般的になった[2]。それ以前は nominative(主格)と呼ばれており、現在でもそう呼ばれることがある[2][4][注釈 1]。すでに廃れたものとしては、casus passivus (Jespersen 1924: 166) や casus indifferens (Pilhofer 1933: 44) という呼び方も存在した[2]

注釈[編集]

  1. ^ 特にコーカサス諸語研究においてはこの用語法がよく採用される (Haspelmath 2011)。

出典[編集]

  1. ^ 角田 2009: 34.
  2. ^ a b c d Haspelmath 2011.
  3. ^ Dixon 1994:.
  4. ^ Bickel & Nichols 2011.

参考文献[編集]

  • Bickel, Balthasar and Johanna Nichols (2011) Case marking and alignment. In: Malchukov & Spencer (eds.), 304-321.
  • Dixon, R. M. W. (1994) Ergativity. Cambridge: Cambridge University Press.
  • Haspelmath, Martin (2011) Terminology of case. In: Malchukov & Spencer (eds.), 505-517.
  • Jespersen, Otto (1924) The philosophy of grammar. London: G. Allen & Unwin.
  • König, Christa (2011) Marked nominative. In: Malchukov & Spencer (eds.), 535-548.
  • Malchukov, Andrej and Andrew Spencer (eds.) (2011) The Oxford handbook of case. Oxford: Oxford University Press.
  • Pilhofer, Georg (1933) Grammatik der Kâte-Sprache in Neuguinea. Berlin: Remier.
  • 角田太作 (2009)『世界の言語と日本語:言語類型論から見た日本語』改訂版. くろしお出版.