草双紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
絵草子から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

草双紙(くさぞうし)とは、江戸時代中頃から江戸で出版された絵入り娯楽本、赤本・黒本・青本・黄表紙合巻の総称である。この「草」は、草競馬・草相撲・草野球などの「草」とおなじ「一般の〜」という意味合いを含むものである。絵草紙(えぞうし)・絵双紙(えぞうし)・絵本(えほん)とも呼んだ。各頁の挿画の余白に平仮名の説明を添え、童話から始まり、次第に成人向けに進化した。江戸の大衆本・江戸地本の中心を占めた。

概要[編集]

右左1頁ずつ振り分けに木版摺りした和紙を2つに折り、普通、その5枚(5丁)を糸で綴じた10頁分が1冊、その数冊で1編の物語だった。大きさは、赤本の初期には半紙判四つ切り二つ折りの赤小本(約8.4×12cm)もあったが、美濃紙半裁二つ折りの中本(約14×20cm)が主流だった。現在のB6よりやや大きい。合巻以外は漉き返し(再生紙)を使うことが多い。年末から新年にかけて一斉に販売され、購読のほかに正月の贈答目的などに使われたとされる。赤本・黒本・青本・黄表紙・合巻と、一部時期を重複しながら時代を下って行った。

種類[編集]

赤本[編集]

寛文期に始まり、元禄享保期に隆盛を迎え、寛延期まで刊行された。表紙が丹色であることから「赤本」と呼ばれる[1]。紙数は5丁(10ページ)が基本で、一巻か上下二巻が多いが、上中下三巻の場合もある[1]。赤本は正月の年玉として購買された子供向けの縁起物と言われているが、内容は大人向けの部分も含んでおり、読者の年齢層は幅広いと想定される[1]。画工としては、菱川師宣近藤清春鳥居清満西村重長奥村政信、版元としては鱗形屋・村田屋などが見られる[1]。内容は、桃太郎さるかに合戦舌切り雀花咲か爺といった昔話、御伽草子や説話を継承したもの、歌謡・言葉遊び・武勇譚など、多様である[1]

黒本[編集]

延享から宝暦期に流通した。黒地の表紙の左半に表題、右半に表紙絵を貼った。5丁1冊の2 - 3冊で1編。5冊や12冊のものもある。歴史物語、霊験記、武勇伝、軍記物、恋愛物、浄瑠璃歌舞伎謡曲のあらすじなど、話の幅が広くなった。赤本同様、主に鳥居清経ら浮世絵師が描いて書いたが、観水堂丈阿・甚四らの作者が書くこともあった。青本と前後して出回ったが、体裁が地味ですたれた。

青本[編集]

延享期に始まり、明和から安永の初期にかけて盛った。草の葉や梔子で表紙を黄色に染め、決して現在の青ではないが、当時は黄色または浅黄色を青と呼んだらしい。黒本同様、表紙の左半に表題、右半に表紙絵、2 - 3冊で1編。黒本と前後して流通し、内容も似て、同一作品の黒本と青本もあったが、時代と共に色恋・遊郭・滑稽・諧謔ものが増えた。多く、絵師が描いて書いたほか、鳥居清倍富川房信鳥居清経などの絵師と、観水堂丈阿・柳川桂子・和祥などの戯作者との分業もあった。

黄表紙[編集]

1775年(安永4年)、恋川春町が描いて書いた『金々先生栄花夢』以降の、知識層向け文芸作品に飛躍した青本が、のちに黄表紙と呼び分けられた(渓斎英泉は『続浮世絵類考(1833)』の中で、「黄表紙」の語を使っている)。発売当時は青本の新刊だったが、大田南畝は1781年に[2]式亭三馬は1802年に[3]、『金々先生栄花夢』のそれぞれ物語と挿画が画期的だったことを認めている。

古典をもじり、洒落・滑稽・諧謔を交えて風俗・世相を漫画的に描き綴ったもので、朋誠堂喜三二芝全交唐来参和山東京伝らが続いたが、松平定信寛政の改革時(1787年- 1793年)に、多く発禁にされた。内容を真面目にせざるを得ず、仇討ち物に方向転換し、結果として話の筋が長くなり、文化年間に合巻と交代することになった。

合巻[編集]

黄表紙が長編化し、5丁1冊の冊数が増え、10 - 15丁を纏めて綴じたのが合巻で、1804年(文化元年)の、春水亭元好作・歌川豊国画『東海道松之白浪』が最初とされる。表紙に『全部十冊合巻』と横書きしてある[4]。1806年(文化3年)の、式亭三馬の『雷太郎強欲悪物語』が最初との説は、三馬の自己宣伝に発すると言う[5]

初めは仇討ち物が多かったが、飽きられてお家騒動物に移り、次第に多様になり装丁も派手になった。そして水野忠邦天保の改革(1841-1843年)で再び取り締まりの対象となりしぼみ、幕末に再び盛んになったが一方で作品の質は落ち、明治に入って消滅した。

山東京伝、式亭三馬、十返舎一九曲亭馬琴柳亭種彦などが、盛期の合巻の作者だった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 叢の会 『江戸の子どもの絵本』 文学通信、2019年4月、2-3頁。 
  2. ^ 水野稔:『黄表紙・洒落本の世界』、岩波新書(1976)p.52
  3. ^ 同上p.59
  4. ^ 早稲田大学図書館 古典籍総合データベース
  5. ^ 鈴木敏夫:『江戸の本屋(上)』、中公新書(1980)p.163

参考文献[編集]

外部リンク[編集]