絵入自由新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

絵入自由新聞(じゆうしんぶん)は、明治時代自由党が刊行した日刊の党機関紙。自由新聞の大衆版として知られる。

1882年6月25日に、東京において自由新聞が創刊されたが、知識人階層を対象としていたため、発行部数が伸び悩んでいた。そこで、自由党の主義主張を庶民に浸透させることを目的として、竹内明太郎らが中心となって1882年9月1日『東京絵入自由新聞』として創刊された。

新聞の特徴としては、タブロイド判,挿絵,傍訓入り等は他の小新聞と共通していたが、政治小説コラムに自由党色を出していた。特に政治小説に定評があり、竹内明太郎、桜田百衛坂崎紫瀾宮崎夢柳黒岩涙香渡辺霞亭等の明治・大正期を代表するジャーナリスト小説家をこの新聞から輩出した。また、挿絵の分野においても竹内田蝶月岡芳年らが活躍した。ちなみに、校正係から記者になった富井於菟日本で最初の女性新聞記者と言われ、紙上で婦人解放運動を連載した。最盛期の発行部数は10,000部弱で、自由新聞の3倍強の部数があった。

1884年、竹内に代わって黒岩涙香が主筆となった。同年には月岡が、ライバル紙の『自由燈』に挿絵を提供したとしてトラブルになった。自由新聞1885年3月に廃刊になった頃から、人気に陰りが出始め、1890年11月15日に廃刊。『かみなり新聞』と合併して、『雷新聞』として再出発したが、程なくこれも廃刊になった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]