絞扼反射

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

絞扼反射(こうやくはんしゃ、choke reflex)とは、舌根部、咽頭部後壁、口蓋扁桃部などを刺激により誘発される反射のことである[1]咽頭反射(いんとうはんしゃ)、催吐反射(さいとはんしゃ)などとも呼ばれる[1]。嘔吐反射と同様にむかつきを生じるが違いがある。

嘔吐反射との違い[編集]

  • 嘔吐反射と違い吐物を含まない。
  • 自律反射が少ない。
  • 開口度が小さい。

脚注[編集]

  1. ^ a b 南山堂医学大辞典 ISBN 978-4525010294

関連項目[編集]