結愛かれん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

結愛 かれん(ゆい かれん、9月6日[1] - )は、宝塚歌劇団月組に所属する娘役。

愛知県名古屋市[1]聖霊中学校出身[1]。身長162cm[1]。血液型AB型[2]。愛称は「かれん」、「ユイ」、「ゆーゆ」[1]

来歴[編集]

2013年4月、宝塚音楽学校入学。同期には縣千鷹翔千空星蘭ひとみらがいる。

2015年3月、宝塚歌劇団に101期生として入団。入団時の成績は13番。月組公演「1789」で初舞台。その後、月組に配属。

2017年珠城りょう愛希れいか大劇場お披露目となる「グランドホテル」新人公演で、初演でトップ娘役麻乃佳世が演じたフラムシェン(本役:早乙女わかば海乃美月)に抜擢。

同年、「All for One~ダルタニアンと太陽王~」で、新人公演初ヒロイン。

人物[編集]

初めて観た宝塚の作品は2007年雪組公演「エリザベート」のDVD[2]。華やかな宝塚の世界とトップコンビの芝居に惹かれ、受験を決意[2]

学生時代は部活動には入らず、毎日ダンススクールに通っていた[2]。好きな食べ物は栗きんとん。

憧れの上級生は舞羽美海白雪さち花[2]

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2015年4月~6月、月組『1789-バスティーユの恋人たち-』(宝塚大劇場のみ)

月組配属後[編集]

  • 2015年11月~2016年2月、『舞音-MANON-/GOLDEN JAZZ』水の精霊
  • 2016年6月~9月、『NOBUNAGA<信長>-下天の夢-/Forever LOVE!!』新人公演:お市(本役:海乃美月
  • 2016年10~11月、『Bow Singing Workshop~月~』(バウホール
  • 2017年1月~3月、『グランドホテル/カルーセル輪舞曲』メイド、新人公演:フリーダ・フラム(フラムシェン)(本役:早乙女わかば、海乃美月)
  • 2017年5月、『長崎しぐれ坂/カルーセル輪舞曲』(博多座)柳麗、おしま(幼年時代)
  • 2017年7月~10月、『All for One~ダルタニアンと太陽王~』新人公演:ルイ14世(本役:愛希れいか*新人公演初ヒロイン
  • 2017年12月、『Arkadia-アルカディア-』(バウホール)デジレ
  • 2018年2月~5月、『カンパニー-努力、情熱、そして仲間たち-/BADDY-悪党は月からやって来る-』新人公演:瀬川由衣(本役:海乃美月)
  • 2018年7月、『愛聖女(サントダムール)-Sainte♡d’Amour-』(バウホール)アマンド・オンドリィ
  • 2018年8月~11月、『エリザベート-愛と死の輪舞-』娼婦、新人公演:黒天使(マデレーネ)(本役:天紫珠李
  • 2019年1月、『ON THE TOWN』(東京国際フォーラム)コンガ・クバーナ・ガールS
  • 2019年3月-6月 『夢現無双 -吉川英治原作「宮本武蔵」より-』出淵孫兵衛/『クルンテープ 天使の都』城太郎、新人公演:吉野大夫(本役:海乃美月

出演イベント[編集]

  • 2017年12月、「タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー -モン・パリ誕生90周年-」
  • 2018年12月、「タカラヅカスペシャル2018 Say! Hey! Show Up!!」

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、68頁。ISBN 978-4-86649-004-5
  2. ^ a b c d e 『To The Future/宝塚GRAPH 2017年6月号』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、116頁。

外部リンク[編集]