結城英雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

結城 英雄(ゆうき ひでお、1948年9月15日[1] - )は、日本の文学研究者。法政大学教授

1948年群馬県高崎市に生まれる[1]東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。明治大学政治経済学部教授を経て、法政大学文学部教授。

日本ジェイムズ・ジョイス協会常任委員で、1999年ジェイムズ・ジョイスユリシーズ』を研究した大著、『「ユリシーズ」の謎を歩く』(集英社)を刊行し、サントリー学芸賞(社会・風俗部門)を受賞した。

著書[編集]

  • 『「ユリシーズ」の謎を歩く』(集英社、1999年)
  • 『ジョイスを読む-二十世紀最大の言葉の魔術師』(集英社新書、2004年)

編書[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.351