結城昭康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

結城 昭康(ゆうき てるやす、1936年5月8日 - 1991年5月2日)は、福岡県出身の元ラグビー選手、ラグビー指導者。元ラグビー日本代表選手。キャップ1。主なポジションはプロップ(Pro.)。

来歴[編集]

1955年(昭和30年)修猷館高校卒業。その後早稲田大学へ進学し、ラグビー部へ入部した。

1959年オックスフォード大学ケンブリッジ大学の連合チーム・オックスブリッジ戦に出場し、キャップ1を獲得した。

1966年度シーズンに早稲田大学の監督を務め、藤本忠正を主将に据え、第3回全国大学ラグビーフットボール選手権大会で優勝をもたらした[1]

逸話[編集]

  • 修猷館高校入学後、最初に野球部に入ったが、上級生を殴ったため退部し、ラグビー部へ入部した。
  • レギュラー選手となった後、卒業後コーチ・監督を務めた[2]
  • 早稲田大学卒業後、コーチ時代に試合中に審判をしていたが、早稲田チームがあまりにタックルをしないのに腹を立て、審判である自分が相手チームの選手にタックルした。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.wasedarugby.com/season_detail/id=1966
  2. ^ http://shuyu.gr.jp/tokyo_old/nimoku/dai538%28shinkan%29/nimoku538%28shinkan%29.htm