結城康和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

結城康和ゆうき やすかず1970年- )は、日本のカーデザイナー工業デザイナー

経歴[編集]

量産車のエクステリアデザイン業務と、コンセプトカーや社内先行開発などの先行デザイン業務などを歴任。

2004年より~2009年まで、軽自動車系のチーフデザイナーとして、軽自動車を中心とした量産車のデザインディレクションを担当。

作品(代表的なもの)[編集]

量産車[編集]

  • ジムニー(1998年)エクステリア担当:1998年Gマーク受賞、2008ロングライフデザイン賞
  • スイフト(2004年)エクステリア担当:2005年Gマーク受賞
  • MRワゴン(2006年)チーフデザイナー:2006年Gマーク受賞
  • セルボ(2006年)チーフデザイナー:2007年Gマーク受賞
  • ラパン(2008年)チーフデザイナー:2008年Gマーク受賞
  • スイフト(2016年)チーフデザイナー:2017年Gマーク受賞
  • ディザイア(2017年)チーフデザイナー:2017年Gマーク受賞
  • スイフト・スポーツ(2017年)チーフデザイナー:2017年Gマーク受賞

コンセプトカー[編集]

特徴・その他[編集]

グランツーリスモ4の関連イベントであった、自動車メーカー対抗のグランツーリスモ真剣勝負(マジバトル)では、スズキ代表として、自らがデザインしたCONCEPT-S2で、ベンツSL500と対決した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]