経穴纂要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

経穴纂要(けいけつさんよう)は、江戸時代後期亀山の侍医である小阪元祐(こさかげんゆう)による経穴書。全5巻。1810年(文化7年)自序、多紀元簡序、同年刊。 『鍼灸甲乙経』を土台とし、中国・日本の歴代医書によって経脈経穴を解説する。日本の三大経穴書に挙げられる。

電子資料として、早稲田大学図書館が公開中である。

外部リンク[編集]

経穴纂要. 巻之1-5 / 小阪元祐 纂輯(早稲田大学図書館 古典籍総合データベース)