経国大典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
経国大典
各種表記
ハングル 경국대전
漢字 經國大典
発音 キョングクテジョン
日本語読み: けいこくたいてん

経国大典(旧字体:經國大典、けいこくたいてん、경국대전、キョングクテジョン)とは、李氏朝鮮時代の政治の基準になった法典。『周礼(しゅうらい)』の六官制に倣い、吏典・戸典・礼典・兵典・刑典・工典の六典からなる。

朝鮮の初期はの法典『大明律』(1397年)を依用、太祖の代の『朝鮮経国典』を使用していたが、世祖が、崔恒盧思愼らに命じて、1460年に戸典、1461年に刑典、1469年成宗の代に残りの4典を撰進することをもって完成した。

1470年1471年1474年1485年に改訂・校正。なお、この1485年の礼典婚嫁条には、「宗室」(王族)は、同姓たる「李」姓と婚姻できないとの規定が見られる。

法治国家の原典[編集]

初代太祖時代の1394年5月に、開国の功臣、鄭道伝が上程した『朝鮮経国典』を土台として、儒臣趙浚の主導による王朝最初の成文典『経済六典』が完成したのが1397年12月で、この時初めて、法治国家としての骨組みが定まった。

続いて、太祖時代の『続六典』を踏まえ、世祖は「万世の法」としての「六典」の編纂を臣下に命じ、世祖在位中の1466年にほぼ完成するも、正式な制定には至らなかった。

編纂事業は睿宗・成宗代に引き継がれ、今日伝わる『経国大典』は、1485年正月に頒布されたものである。

完成施行まで、建国からほぼ一世紀を要した『経国大典』は、儒教的法治国家としての朝鮮王朝の原点をなす法体系である。

編纂の経緯[編集]

  1. 世祖(在位:1455年 - 1468年)は、即位直後に、統一法典の策定を命じ、「六典詳定官」を任命し、「六典詳定所」を設置して、編纂を開始した。
  2. 詳定官の初稿は、1458年閏2月に提出され、世祖自身の朱筆を経て、最初に「戸典」が1460年7月に完成頒布された(経国大典戸典)。
  3. 続いて1461年7月には、「刑典」が完成し、公布された(経国大典刑典)。
  4. 残る吏・礼・兵・工の四典も1466年には完成し、一応の議定を経るも、再度全面的な検討作業に入った。
  5. 大典編纂の作業はその後も継続されたが、世祖生存中には完成せず、1468年9月に世祖が死去して、最終案は睿宗の代(在位:1468年 - 1469年)に持ち越された。
  6. 1469年9月、「六典」の体裁が整い、徐居正の序文が献じられて一応の完成を見た(経国大典序)。しかし、この年の11月に睿宗が急死したため、施行はまたも延期され、成宗の代に引き継がれた。
  7. 成宗の時代(在位:1469年 - 1494年)は、文化的な興隆期で、法典以外にも数多くの出版事業が遂行されたが、「大典」の見直し作業も精力的に行なわれ、1471年に「大典」が完成頒布された(辛卯大典)。しかしながら、この時の「大典」も条文の不備のため、のちに改訂されることになる。
  8. 1472年2月、改訂を経た「大典」が施行され、未収録の72条文については別に続録を作って、同時に施行された(甲午大典)。
  9. 1481年に再検討の議論が起こり、「監督庁」を設置して、「大典」と「続録」の改訂作業に入り、1484年12月に最終稿が完成。翌1485年(成宗16年)正月一日に、ついに『経国大典』が頒布施行された。これが最終的に確定した朝鮮王朝の成文典で、『乙巳大典』と呼ばれ、現存する最古の『経国大典』である。なお、『辛卯大典』や『甲午大典』は現存しない。

概要[編集]

『経国大典』は、徐居正(戸曹判書兼芸文館大提学)による序文と崔恒(寧城府院君兼春秋館領事)による箋文および目録と条文の本文からなり、成化5年(睿宗元年)1469年9月の日付がある。『経国大典序』で徐居正は、大典の集成が世祖王により、崔恒以下の9名に命じられたこと、六典が古代の六卿に依拠し、周官・周礼との調和を目指したものであること、万世の成法として国家悠久の大業であることを叙述している。

吏典[編集]

経国大典の券之一(29項)。吏典は公法のうち行政法・人事法に該当し、官制の基本的な構造を規定したもの。

  1. 中央および地方の官制
  2. 官吏の種別と等級・品位
  3. 官吏の任免、辞令などの規定

戸典[編集]

経国大典の券之二(30項)。戸典は人民の統治の基本となる法典で、1460年に最初に公布された。内容は民法の基幹となる規定を含み、商法・税法・戸籍法など財政経済と租税制度に関わる成文法。

  1. 戸籍
  2. 租税と賦役に関する規定
  3. 商業と産業に関する諸規定(通貨、蚕業、倉庫や還穀、漁業と塩業など)
  4. 不動産、動産の売買に関する規定(土地・家屋・奴婢・牛馬の売買)
  5. 立案(今日の登記制度)に関する規定
  6. 債務の返済と利子率に関する規定

礼典[編集]

経国大典の券之三(61項)。礼典は、儒教の「礼」に基づく成文法を規定し、科挙制度や外交儀礼、冠婚葬祭についての細かな諸規定が定められている。

  1. 科挙に関する規定(文科・武科・雑科などの試験、選抜方法などを規定)
  2. 儀仗、外交、祭礼、喪葬、墓地などの規定
  3. 官印や公文書に関する規定
  4. 喪服制度、先祖の奉祀、立后や婚姻に関する規定

兵典[編集]

経国大典の券之四(51項)。兵典は、軍制、軍務および武官など軍事全般に関する法規。

  1. 中央と地方の軍事制度
  2. 武官の種別と等級
  3. 軍隊の機構や軍務に関する規定
  4. 城塞や兵器、兵船についての諸規定

刑典[編集]

経国大典の券之五(28項)。刑法のうち、刑罰の種類や刑期、訴訟関係、犯罪の種類、監獄や看守に関する規定は、明の刑法典である『大明律』を基本として援用し、『経国大典刑典』では明律に記載のない条文を補完し、朝鮮独自の特殊な事案を規定している。

  1. 刑罰、裁判に関する規定
  2. 公奴婢・私奴婢に関する規定
  3. 捕盗(今日の警察)や監獄に関する規定
  4. 刑の決定期限や禁刑日に関する規定

工典[編集]

経国大典の券之六(14項)。工典は、土木、建築に関する諸規定と殖産、度量衡などに関する規定。

  1. 道路、橋梁や築城に関す規定
  2. 度量衡と殖産に関する規定
  3. 営繕と工匠に関する規定
  4. 手工業制度に関する規定

関連項目[編集]

外部リンク[編集]