細静脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
微小循環系の概念図。細静脈は毛細血管から静脈に至る途上に於いて形成されている

細静脈(さいじょうみゃく、英語: venule)は、直径100~200μm程度の細い静脈で、毛細血管から静脈に至る途中に於いて形成される血管。微小循環系を形作る血管の一つとされており、容量血管とも呼ばれる[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 微小循環の研究”. 研究内容. 康復医学学会. 2014年9月19日閲覧。→アーカイブ