細野藤敦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
細野藤敦
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文10年(1541年
死没 慶長8年(1603年
改名 藤敦→伊三(法号)
別名 守清
官位 壱岐守
主君 長野具藤信包蒲生氏郷豊臣秀吉秀頼
氏族 細野氏
父母 父:細野藤光、母:峰道正
兄弟 藤敦分部光嘉川北藤元
養子:八麿滝川一益子)

細野 藤敦(ほその ふじあつ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将安濃城主。

略歴[編集]

天文10年(1541年)、長野工藤氏の一族・細野藤光の子として誕生。

天文年間より長野宗家に従い北畠家関氏神戸氏との戦いに従軍し、剛勇を以て知られるが、北畠家より養子に入った主君・長野具藤とは仲が悪かった。永禄年間(1558年 - 1569年)に、安濃津城を築城したといわれる。永禄11年(1568年)、織田信長が長野領に侵攻してきた際は、和睦を主張する弟・分部光嘉らの反対を押し切って、自城に籠って防戦しようとした。光嘉や川北藤元らは織田家に内応して織田信包に長野氏の跡を継がせるべく画策し、藤敦が織田家に寝返ったと讒言して、具藤に藤敦を攻めさせた。藤敦はやむなくこれを撃退し、具藤を追放して織田家に降伏することとなった。

しかし、藤敦は信包とも折り合いが悪く、天正5年(1577年)に信包が年賀の挨拶に出かけた隙に、謀反を起こし長野城を奪うが、滝川一益の子・八麿を藤敦の養嗣子とすることで和睦し、帰参した。

天正8年(1580年)信包の軍勢に居城・安濃城を攻められ、城を落ち延びて蒲生氏郷を頼った。後に豊臣秀吉が天下人となると、その家臣として仕え、秀吉側室の松丸殿大政所の家司を務めた。 慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは西軍に属して失領。慶長8年(1603年)に京都にて死去。享年64。