細野哲弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

細野 哲弘(ほその てつひろ、1952年12月14日 - )は、日本の通産官僚経営者。株式会社JECC代表取締役社長、中東調査会常任理事。岐阜県出身。過去に、資源エネルギー庁長官特許庁長官を歴任。石油天然ガス・金属鉱物資源機構理事長。

人物[編集]

京都大学経済学部卒業後、通商産業省に入省。同期には、衆議院議員岡田克也北海道知事高橋はるみ経済産業審議官岡田秀一がいる。

2011年8月12日、経済産業省の人心一新により、資源エネルギー庁長官を早期勧奨退職。

経歴[編集]

  • 1976年(昭和51年)3月 - 京都大学経済学部卒業
  • 1976年(昭和51年)4月 - 通商産業省入省(中小企業庁調査課)
  • 1978年6月 生活産業局通商課総括係長
  • 1980年5月 産業政策局総務課総括係長
  • 1981年11月 資源エネルギー庁省エネルギー対策課総括 
  • 1983年5月 科学技術庁原子力局政策課原子力法令制度審議室長補佐
  • 1985年4月 外務省在マレイシア日本国大使館一等書記官
  • 1988年5月 貿易局総務課法令審査委員
  • 1989年5月 通商政策局総務課法令審査委員
  • 1990年(平成2年)6月 - 中小企業庁小規模企業部上席小規模企業指導官
  • 1991年(平成3年)6月 - 産業政策局商政課商務室長
  • 1993年(平成5年)4月 - 在ドイツ日本国大使館参事官
  • 1996年(平成8年)9月 - 貿易局為替金融課長
  • 1997年(平成9年)6月 - 産業政策局流通産業課長
  • 1999年(平成11年)6月 - 通商政策局国際経済部国際経済課長
  • 2000年(平成12年)6月 - 通商政策局総務課長
  • 2001年(平成13年)1月 - 通商政策局通商政策課長
  • 2001年(平成13年)6月 - 資源エネルギー庁資源・燃料部政策課長
  • 2002年(平成14年)7月 - 資源エネルギー庁資源・燃料部長
  • 2004年(平成16年)6月 - 資源エネルギー庁次長
  • 2006年(平成18年)7月 - 製造産業局長
  • 2009年(平成21年)7月 - 特許庁長官
  • 2010年(平成22年)8月 - 資源エネルギー庁長官
  • 2011年(平成23年)8月 - 退官
  • 2012年(平成24年)5月 - みずほコーポレート銀行顧問[1]
  • 2015年(平成27年)6月 - 公益財団法人中東調査会常任理事[2][3]
  • 2016年(平成28年)6月 - 株式会社JECC代表取締役社長[4]
  • 2018年 (平成30年) 4月 - 石油天然ガス・金属鉱物資源機構理事長

同期[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
公職
先代:
鈴木隆史
日本の旗 特許庁長官
2009年7月14日 - 2010年8月23日
次代:
岩井良行
先代:
石田徹
日本の旗 資源エネルギー庁長官
2010年8月23日 - 2011年9月1日
次代:
高原一郎