細菌叢調査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

細菌叢調査(さいきんそうちょうさ)(Environmental Sampling)とは、ある環境中に存在するであろう細菌ウイルス原虫などを調査するものである。「細菌叢」と呼ばれるが、単に細菌ではなく、広く「微生物」を対象としている。それ故、単に細菌調査環境(微生物)調査(環境)サーベイランスと呼ばれることもある。

調査は、医学歯学薬学獣医学はもとより、栄養学理学農学など幅広い分野の研究者が従事している。

主な調査キット[編集]

N-IDテスト

分析機器・器具[編集]

染色法[編集]

分析方法[編集]

主な調査報告[編集]

関連学会[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 2002年CNNより配信された。
  2. ^ https://news.mynavi.jp/news/2007/02/19/320.html
  3. ^ 三星暢公、長船哲斎、田中和幸、藤本英男、伊藤孝「自動細菌同定検査装置によるレスリングマットの細菌の分離同定」(財)緒方医学化学研究所医学と生物学第147巻第3号:p.37~40、2003.
  4. ^ 清水英世、渡辺優子「洗面所の細菌汚染状況について」岐阜市立女子短期大学岐阜市立女子短期大学紀要第52巻:p.107~108、2003.
  5. ^ Datz C, Jungwirth A, Dusch H, Galvan G, Weiger T.What's on doctors' ball point pens?.Lancet.1998.Jan17;351(9097):213.
  6. ^ 法橋尚宏、池原恵美子、大森和子「小児玩具の一般細菌汚染に関する調査~小児科外来、保育所、家庭を対象として~」日本環境感染学会、環境感染Vol.20(2):p.105~111、2005.

外部リンク[編集]