細石神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
細石神社
細石神社
所在地 福岡県糸島市三雲432
位置 北緯33度32分13.18秒
東経130度14分33.04秒
座標: 北緯33度32分13.18秒 東経130度14分33.04秒
主祭神 磐長姫命
木之花開耶姫命
社格 村社
例祭 10月25日 例大祭
地図
細石神社の位置(福岡県内)
細石神社
細石神社
テンプレートを表示

細石神社(さざれいしじんじゃ)は、福岡県糸島市にある神社。古くは「佐々禮石神社」と表記されていた。祭神は磐長姫木花開耶姫の姉妹二柱。旧社格は村社。

概要[編集]

伊都国の中心部に所在すると推察されている。

元禄8年(1695年)の「細石神社御縁起」では、古くは神田も多く大社であった。しかし、たびたび兵乱に見舞われ社殿を焼失した。さらに天正15年(1587年)の豊臣秀吉太閤検地により、神田没収に遭い衰退した。現在は「村社、細石神社」の石柱が鳥居の脇に建てられている。

考察[編集]

細石神社は社殿の背面にある「三雲南小路遺跡文政5年(1822年)発見)の拝殿」であろうと地元民は云っている。

この「細石神社」の祭神は「磐長姫木花開耶姫」である。つまり主祭神は「女神二柱」である。この事からと、昔は「高祖神社から神輿が細石神社に下る(上る?)」神幸があったという事から、この「細石神社」は「三代実録」に記載された「元慶元年(877年)、高磯ヒメ神に従五位下を授ける」とある「高磯ヒメ神」であると考えられると三雲の氏子は云っている。

ちなみに通説で云う「高祖神社の祭神が高磯ヒメ神であろう」というのは「高祖神社の主祭神、彦火火出見尊」を侮辱する事になることをここに記す。

この「細石神社」は「三雲南小路遺跡の、日子番ノニニギ命と木之花咲耶姫の墓の拝殿」であると考えられる。

地元考古学者原田大六は、三雲南小路遺跡発掘調査の時に「1号甕棺墓は武器類が多く、2号甕棺墓は玉類が多い。そして、この二つの甕棺は寄り添うようにして埋葬されている事から、これは男と女の墓である。つまり、王と妃の墓である」とコメントしている。

交通[編集]

JR筑肥線波多江駅から井原山行バス約10分。三雲宮(細石神社)前下車。

参考文献[編集]

  • 『怡土志摩地理全誌』由比章祐/著
  • 『鎮守の社』糸島神職会