細川定禅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
細川定禅
時代 鎌倉時代末期 - 南北朝時代
生誕 不詳
死没 延元4年/暦応2年(1339年)?
別名 卿律師
幕府 室町幕府
主君 足利尊氏
氏族 奥州細川氏
父母 父:細川頼貞
兄弟 顕氏直俊定禅皇海

細川 定禅(ほそかわ じょうぜん)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将細川頼貞の子。

生涯[編集]

はじめ鶴岡若宮の別当であったが、兄の顕氏や従兄弟の和氏と共に足利尊氏に仕えた。建武2年(1335年)の中先代の乱では尊氏に従って功績を挙げた。その後、尊氏の命を受けて四国中国の国人衆を糾合し、翌建武3年(1336年)1月、尊氏の京都乱入と同時に攻め入り、武功を挙げている。同年2月、顕氏や和氏と共に再び四国に渡海し、同地の諸大名や国人衆を糾合した。5月の湊川の戦いでも武功を挙げている。

その後も畿内における南朝勢力と戦って多くの武功を挙げたが、延元4年/暦応2年(1339年)8月の記録を最後に史料から姿を消した。そのため、この時期に死去したとも言われている[1]が定かではない。

脚注[編集]

  1. ^ 「鎌倉・室町人名事典」564P、細川定禅の項。小川信による執筆。

参考文献[編集]

  • 鎌倉・室町人名事典(新人物往来社)