紫雲膏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
紫雲膏

紫雲膏(しうんこう)は、熱傷痔疾を適応とする漢方薬軟膏剤。シコン(紫根、ムラサキの根[1])やトウキ(当帰、トウキまたはホッカイトウキの根[2])を成分とする。

概要[編集]

油脂性軟膏剤。赤紫色で、特異なにおいを有する[3]

中国代に陳実功が著した『外科正宗中国語版』にはシコントウキゴマ油ミツロウを成分とする潤肌膏が記載されている。紫雲膏は江戸時代の医師である華岡青洲が潤肌膏に豚脂を加えたものである[4]

日本においては医療用医薬品、および一般用医薬品第二類医薬品)として製剤を各社が製造販売している。適応は医療用医薬品としては火傷痔核による疼痛肛門裂傷[3]、一般用医薬品としてはこれらに加えてしもやけ(ひび・あかぎれ)、魚の目あせもただれ外傷湿疹・皮膚炎[5]禁忌英語版は重度(重症)の熱傷・外傷のある患者、化膿性の創傷高熱のある患者、患部の湿潤やただれのひどい患者である[3][注 1]

漢方薬メーカーのツムラが製造販売している唯一の外用薬である。

薬理[編集]

シコンエキスは痔疾用内服薬である内服ボラギノールEPにも配合されている[6]。シコンの主成分であるシコニンは抗炎症作用、肉芽形成促進作用、抗菌作用、抗腫瘍作用などが報告されているが、薬理作用や作用機序等の十分な検討は行われてこなかった。2005年から4年間にわたりペルーで実施された臨床試験では、紫雲膏のリーシュマニア症に対する有効性が報告された。これは肉芽形成促進作用と抗原虫作用によるものと考えられるが、作用機序は未解明である[7]

処方[編集]

日本国内で製剤として販売されている紫雲膏はシコントウキゴマ油豚脂ミツロウ(黄蝋)またはサラシミツロウ(白蝋)を成分とする。一般用医薬品としての一般用漢方製剤承認基準における成分・分量は以下のとおりである[5]

  • シコン: 100 - 120
  • トウキ: 60 - 100
  • 豚脂: 20 - 30
  • ミツロウ: 300 - 400
  • ゴマ油: 1000

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 一般用医薬品としての禁忌は表現は異なるが、ほぼ同じ。

出典[編集]

  1. ^ 第十七改正日本薬局方 (PDF)”. 厚生労働省. p. 1815 (2016年3月7日). 2016年11月8日閲覧。
  2. ^ 第十七改正日本薬局方 (PDF)”. 厚生労働省. p. 1866 (2016年3月7日). 2016年11月8日閲覧。
  3. ^ a b c ツムラ紫雲膏 (PDF)”. iyakuSearch. 日本医薬情報センター (2007年5月). 2016年11月8日閲覧。
  4. ^ 清水良夫 (2000年10月). “第10回漢方治療研究会特別講演 紫雲膏について”. 東亜医学協会. 2016年11月8日閲覧。
  5. ^ a b 一般用漢方製剤承認基準 (PDF)”. 厚生労働省医薬食品局. p. 22 (2012年8月30日). 2016年11月8日閲覧。
  6. ^ 内服ボラギノールEP”. 天藤製薬. 2016年11月8日閲覧。
  7. ^ 清水忠道; 近藤隆、門脇真 (2012年). “漢方薬紫雲膏の主要活性成分であるシコニンの生体防御作用の解明とそれに基づく新規適応症探索 (PDF)”. 平成23年度 公募型共同研究. 富山大学和漢医薬学総合研究所. 2016年11月8日閲覧。

関連項目[編集]

参考サイト[編集]