紫雲膏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紫雲膏

紫雲膏(しうんこう)は、熱傷痔疾を適応とする漢方薬軟膏剤。シコン(紫根、ムラサキの根[1])やトウキ(当帰、トウキまたはホッカイトウキの根[2])を成分とする。

油脂性軟膏剤。赤紫色で、特異なにおいを有する[3]。日本では医療用医薬品、および一般用医薬品第二類医薬品)として製剤を各社が製造販売している。

小史[編集]

中国の代に陳実功が著した『外科正宗中国語版』にはシコントウキゴマ油ミツロウを成分とする潤肌膏が記載されている。紫雲膏は江戸時代の医師である華岡青洲が潤肌膏に豚脂を加えたものである[4][5]。潤肌膏は固く使いにくいため、豚脂を加えることで粘度を上げて使いやすくしたと思われる[6]

適応[編集]

医療用医薬品としては火傷痔核による疼痛肛門裂傷[3]、一般用医薬品としてはこれらに加えてしもやけ(ひび・あかぎれ)、魚の目あせもただれ外傷湿疹・皮膚炎[7]禁忌英語版は重度(重症)の熱傷・外傷のある患者、化膿性の創傷高熱のある患者、患部の湿潤やただれのひどい患者である[3][8]

薬理[編集]

シコンエキスは痔疾用内服薬である内服ボラギノールEPにも配合されている[9]。シコンの主成分であるシコニンは抗炎症作用、肉芽形成促進作用、抗菌作用、抗腫瘍作用などが報告されているが、薬理作用や作用機序等の十分な検討は行われてこなかった。2005年から4年間にわたりペルーで実施された臨床試験では、紫雲膏のリーシュマニア症に対する有効性が報告された。これは肉芽形成促進作用と抗原虫作用によるものと考えられるが、作用機序は未解明である[10]

処方[編集]

日本国内で製剤として販売されている紫雲膏はシコントウキゴマ油豚脂ミツロウ(黄蝋)またはサラシミツロウ(白蝋)を成分とする。一般用医薬品としての一般用漢方製剤承認基準における成分・分量は以下のとおりである[7]

  • シコン: 100 - 120
  • トウキ: 60 - 100
  • 豚脂: 20 - 30
  • ミツロウ: 300 - 400
  • ゴマ油: 1000

製薬会社[編集]

出典[編集]

  1. ^ 第十七改正日本薬局方 (PDF)”. 厚生労働省. p. 1815 (2016年3月7日). 2016年11月8日閲覧。
  2. ^ 第十七改正日本薬局方 (PDF)”. 厚生労働省. p. 1866 (2016年3月7日). 2016年11月8日閲覧。
  3. ^ a b c ツムラ紫雲膏 (PDF)”. iyakuSearch. 日本医薬情報センター (2007年5月). 2016年11月8日閲覧。
  4. ^ 清水良夫 (2000年10月). “第10回漢方治療研究会特別講演 紫雲膏について”. 東亜医学協会. 2016年11月8日閲覧。
  5. ^ 紫雲膏:武田薬品工業
  6. ^ 豚脂レスが招きよせたグローバル展開【日経バイオテクONLINE Vol.2415】:日経バイオテクONLINE
  7. ^ a b 一般用漢方製剤承認基準 (PDF)”. 厚生労働省医薬食品局. p. 22 (2012年8月30日). 2016年11月8日閲覧。
  8. ^ 紫雲膏:おくすり110番
  9. ^ 内服ボラギノールEP”. 天藤製薬. 2016年11月8日閲覧。
  10. ^ 清水忠道; 近藤隆、門脇真 (2012年). “漢方薬紫雲膏の主要活性成分であるシコニンの生体防御作用の解明とそれに基づく新規適応症探索 (PDF)”. 平成23年度 公募型共同研究. 富山大学和漢医薬学総合研究所. 2016年11月8日閲覧。
  11. ^ ウチダの紫雲膏 | 株式会社ウチダ和漢薬
  12. ^ 紫雲膏ダイコー【大晃生薬有限会社】
  13. ^ 大草胃腸薬 弘真胃腸薬 大草丸 延寿丸 大地の恵みで皆さんの健康を守る大草薬品
  14. ^ クラシエ紫雲膏 [14g/30g] | 商品紹介 | クラシエ
  15. ^ ニッポー紫雲膏
  16. ^ 小太郎漢方製薬|商品情報 > 紫雲膏
  17. ^ 何度も繰り返す 湿疹・皮膚炎|アピトベール|小林製薬
  18. ^ 皮膚のお薬 | 剤盛堂薬品株式会社
  19. ^ 「漢方軟膏剤の製造方法」の特許を取得しました | 剤盛堂薬品株式会社
  20. ^ 紫雲膏:松浦薬業株式会社
  21. ^ 山本漢方製薬株式会社 | 紫雲膏 詳細

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 小野浩二「紫雲膏の有効作用機序の研究-特にケロイド肥厚性瘢痕の止痒効果-発赤に及ぼす影響」『聖マリアンナ医科大学雑誌』第30巻、2002年、 439-445頁、 NAID 80015660869
  • 林明宗, 佐藤秀光「頭皮放射線性皮膚炎に対する紫雲膏の治療成績」『日本東洋醫學雜誌』第62巻第2号、日本東洋医学会、2011年3月、 142-146頁、 doi:10.3937/kampomed.62.142ISSN 02874857NAID 10027959740
  • 林元英「紫根および当帰の薬理学的研究 3 エキスおよび紫雲こう局所適用の炎症反応におよぼす影響」『日本薬理学雑誌』第73巻第2号、日本薬理学会、1977年、 205-214頁、 doi:10.1254/fpj.73.205ISSN 0015-5691NAID 130000758691
  • 松崎茂「熱傷急性期に漢方治療を施行し速やかな症状の軽快をみた2症例」『日本東洋醫學雜誌』第51巻第1号、日本東洋医学会、2000年7月、 29-33頁、 doi:10.3937/kampomed.51.29ISSN 02874857NAID 110004001686