紫の経済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

紫の経済(Purple economy)は、経済分野で財産やサービスの文化的潜在性の価値を高めながら持続可能な開発に関与するものである。

定義[編集]

「紫の経済は、経済の文化的側面を考慮する。世界化において人間の多様性に適応し、財産やサービスの価値を高めるために、文化的次元を支柱とする」[1]。 この経済の水平的と垂直的な二つの傾向は相互を豊かにし合っている。事実、商品に結びついた文化的要素の増大は、商品を生産する地域の文化的活力に結びついている。

文化性の発展[編集]

紫の経済のコンテクストは、現代社会において文化性の重要性が高まっているという背景である。 討議された論点のうちでとりわけ注目されるのは[2]、新興国のための世界政治経済バランスの回復、(改めて安定拠点としてみなされた)地域環境への回帰、(従来の大きなイデオロギーが消失したことによる)権利要求の新たな形、(民主主義や個人主義、また人間の寿命がな長くなったことと切り離せない)文化消費に基づき質を求める社会的要求の増大、(セレンディピティに適した文化的精神、学際状態を仮定した)またイノベーションへの歩みなどである。

適用分野[編集]

紫の経済は 、いかなる部門であれ、文化的次元を支柱としながらあらゆる財産やサービスの価値を高めるという意味において、分野横断的な特徴をもつ。 感覚や経験を対象とする経済がその適応である[2]

この経済は、産業部門別の論理に基づいた文化の経済とは異なる。

ユネスコ経済協力開発機構フランコフォニー国際機関、フランス諸省、諸企業、また市民社会に所属する専門家達からなる、紫の経済についての最初の多様機構的活動グループの結論が、2013年6月に公表された。 この資料は、職業と養成への影響とともに、今後の経済全体に関わる文化化の現象のインパクトを強調する。 よって「紫の職業」と「紫化する職業」は区別される。なぜなら前者は、その目的によって文化的環境に直接関わっているが(例えば都市計画者や国土整備専門家)、後者はたんに文化化の影響によって変化を求められているものだからである(例えば人事部の役割や宣伝と広報活動の役割)[3]

2017年6月に発表されたもう一つの参照資料は[2]、経済が、学習、建築、芸術性、色彩、倫理、想像物、遺産、喜び、ノウハウ、特異性などの文化利益を生み出しうる人間環境の異なる側面に言及している。

由来[編集]

紫の経済の語は、2011年にフランスのル・モンドのサイトにその宣言が発表された時に生まれた[4]。署名者の中には[5]ユネスコ欧州議会欧州委員会の後援によって、2011年10月にパリで[6]、紫の経済の第一回国際フォーラムを企画したディヴェルサン協会の取締役らの名がある[7]

持続可能な開発との結びつき[編集]

持続可能な経済の三側面

紫の経済は外部性の存在を強調する。 経済主体がそこからひき出して、その結果として痕跡を残す文化環境は共有財産となる。よって紫の経済は、文化性を持続可能な開発の支柱とする。

要するに文化性は、初めから持続可能な開発のれっきとした争点である。 実のところ、企業の機能的責任の最初の源は1966年に国連で採用された経済的、社会的、文化的権利に関する国際条約にある。

だがこの争点は、自然環境(緑の経済)や社会環境(社会経済)にかかわる関心事に比べると、持続可能な開発の構成要素の一つに過ぎない。持続可能な経済の諸側面間の補完性は、2015年、21回気候変動についての国連会議の直前に「ル・モンド経済」に記事欄が発表された際に再確認された[8][9]

脚注[編集]

この記事は英語版ウィキペディアにある同じ項目の記事この版から翻訳された記事である。
  1. ^ Le Journal des Arts
  2. ^ a b c ディヴェルサン、ジル。アンドリエ、ロイック・アマン、フランチェスコ・バンダラン、ジェローム・ベディエ、フランソワーズ・ベンハム、フワ・ベンゼディック、ジルボッチ、ドミニック・ブール、ジェローム・グワダン、マリア・グラヴァリ=バルバス、マルク=アントワンヌ・ジャメ、フランソワーズ・ジュリアン、パスカル・ラミー、ジャック・レヴィ、ジル・リポヴェツキー、フランソワーズ・モンテネイ、ジャン・ミュジテリ、パトリック・オーカン、フィリップ・ドマノ、ドミニク・ペロー、マリー=エレーヌ・プランフォセ、ニコル・ルヴェ。、 「化粧品部門における文化痕跡」 (2018年7月26日参照)
  3. ^ 紫の経済についての最初の多様機構的グループ活動の結論
  4. ^ Le Monde.fr
  5. ^ ジャン=ジャック・アリアゴン、ブリュノ・ブール=ブロック、ベルナール・チェルキングリー二、ジル・シマン、ジョエル・がリオ=マイラム、ジョゼ・ルイ・ディツェンタ・バレスタ、ピエール=アントワン・ガイリー、ジェローム・グワダン、クローディ・エニュレ、ジャン=エルベ・ロレンジ、ジャン・ミュジテリ、アラン=ドミニック・ペラン、オディル・カンタン、ベルナール・ラマナンツォア、ジャン=フランゾワ・リアル、ピエール・シモン
  6. ^ 紫の経済の国際フォーラムのサイト
  7. ^ ベルナール・チェルキングリー二、ジョエル・がリオ=マイラム、ジェローム・グワダン、ジャン=エルベ・ロレンジ、ジャン・ミュジテリ、オディル・カンタン、ベルナール・ラマナンツォア、ピエール・シモン。 原典
  8. ^ Le Monde Économie
  9. ^ 書名者は以下。ピエール・ベロン、ベロニック・カイラ、ベルトラン・コロンブ、パスカル・コロンバーニ、メルセデス・エラ、エマニュエル・ファベール、ピエール・フォンリュップ、ジャン=バティスト・ドゥ・フーコー、ピエール=アントワンヌ・ガイリ、ジェローム・グワダン、フィリップ・ディリバルヌ、パスカル・ラミー、ジル・リポヴェツキー・ジャン=ピエール・マセレ、ジェラール・メストラレ、ラデュ・ミハイレアヌ、ジャン・ミュジテリ、グレゴワール・ポステル=ビネ、ジャン=ジャック・ケイラン、オディル・カンタン、ベルナール・ラマナンツォア、ジャン=フランソワ・リアル、フランク・リブー、ミッシェル・ドゥ・ロゼン、ピエール・シモン。

関連項目[編集]