素浪人 月影兵庫 (2007年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
素浪人 月影兵庫
ジャンル 時代劇
放送時間 火曜日19:00 - 19:54(54分)
放送期間 2007年7月17日 - 9月11日(8回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
プロデューサー 田中芳之
出演者 松方弘樹
小沢仁志
古手川祐子
賀来千香子
高知東生
小林滋央
音声 ステレオ放送
テンプレートを表示

素浪人 月影兵庫』(すろうにん つきかげひょうご)は、2007年テレビ朝日系列で放送された時代劇ドラマ。南條範夫の同名時代小説を原作に、剣の達人・月影兵庫と旅ガラス・焼津の半次が旅をする途中で、弱きを助け悪い奴を懲らしめていく、という内容である。

主演の松方弘樹は、1965年からNETテレビ(現:テレビ朝日)系列で放送された『素浪人 月影兵庫』の主役・近衛十四郎の長男であり、40年近くを経て親子2代で月影兵庫を演じた。また『名奉行 遠山の金さん』以来約10年ぶりの時代劇主演だった。なお、テレビ朝日では1959年2月の開局から約48年半続いた連続テレビ時代劇が、本作終了をもってその幕を閉じた。

特徴と概要[編集]

旧作の『素浪人 月影兵庫』において、月影兵庫は猫、焼津の半次は蜘蛛が大の苦手という設定だったが、リメイクされた本作では、兵庫が蜘蛛、半次は雷が大の苦手という設定に変更された。他に、兵庫は「きつねうどんが大好き」という設定が追加され、兵庫がきつねうどんをおいしそうに食べるシーンがある。

焼津の半次について[編集]

松方は本作に出演するにあたり、「ぜひ、半次に」と小沢仁志をプロデューサーに強く推薦した。松方は何度も小沢と共演しており、アウトロー的な役柄が多い小沢の演技に何とも言えない愛嬌を見出した、と松方は説明している。しかし、小沢は時代劇は殆ど初体験だったため、松方から時代劇のイロハを叩き込まれた。旧作をリアルタイムで観ていた世代からは、近衛十四郎とのやりとりが絶妙だった初代・半次役の品川隆二が持つ存在感には遠く及ばない、という意見もあった。なお、初代・半次を演じた品川はナレーションを担当し、第1話と最終話ではゲスト出演もしている。

松方のコメント[編集]

本作の出演に当たって松方は、「おやじ殿(近衛十四郎)の十八番でしたから、やるのはつらいですよ。でも、僕なりに明るくやってます。」 と大きなプレッシャーと葛藤があったことを正直に打ち明けている。3日間考え抜き[1]、結局それを全て承知の上で引き受けたのは、テレビ朝日系連続時代劇が約半世紀の歴史に幕を降ろすという点に衝撃を受けたのが大きいという。そのため、松方が『素浪人 月影兵庫』関係のインタビューに応えた際には「(テレビ朝日系連続時代劇が)僕の時代で終わってしまうことは、先輩方に大変申し訳なく、切ない」と無念の思いを残している。松方は時代劇連続ドラマの未来を憂い、「諸先輩から受け継いだ時代劇の伝統を、若い役者につなぎたい。そのためにも、テレビ局は時代劇をたくさん作って」と役者を超えた立場で訴え続けた。
テレビ朝日・東映の時代劇制作関係者も松方と気持ちは同じで、「今回をもって、連続時代劇は一旦終了」という風に表現しているが、時代劇をとりまく環境は確実に変化しており、東映がテレビ朝日と共同で手掛けるテレビ時代劇が今後また復活[2]するかどうかについては不透明である。

主な登場人物(出演者)[編集]

  • 月影兵庫 - 松方弘樹
    旗本の次男だが、自由と冒険を求め素浪人に。剣の達人で女性には淡白。きつねうどんが大好物。蜘蛛が苦手。
  • 焼津の半次 - 小沢仁志
    兵庫のよき相方で純情な渡世人。行く先々で知り合った女性に一目惚れし、結婚を夢見るが、いつも振られている。雷が苦手。
  • 桔梗 - 古手川祐子
    直参旗本松平家の当主。兵庫の姪で兵庫を江戸に連れ戻したい。威勢の良いお涼とは犬猿の仲。
  • お涼 - 賀来千香子
    品川宿の女主。意外と気が強い。旅先で出会った兵庫を憎からず思っており、彼を追う桔梗とよく口喧嘩になる。
  • 榊原東馬 - 高知東生
    松平家の家臣。実直な警護役。奔放な主(桔梗)に手を焼いている。
  • 彦次郎 - 小林滋央
    威勢はいいが、お涼には絶対逆らえず、服従を強いている。
  • ナレーション - 品川隆二
    元祖・半次役。第1話と最終話ではゲスト出演も。兵庫を「昔の相棒(近衛)にそっくり」と評する。

ゲスト[編集]

第一話
第二話
第三話
第四話
  • 不知火鬼七 - 秋間登
  • 赤ン坊 - 秋本大地
第五話
第六話
第七話
最終話

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 視聴率
第1話 2007年
7月17日
前ぶれなく来た男!!騒動は東海道だった 11.1 %
第2話 7月24日 姫は家出娘だった!!鈴の音色と親子の絆 10.3 %
第3話 7月31日 夫の仇は生きていた素浪人と涙の一匹狼 9.2 %
第4話 8月7日 赤ん坊が泣いていた素浪人,父になる!! 6.6 %
第5話 8月14日 悪い奴が笑ってた!!旗本愚連隊VS素浪人 7.8 %
第6話 8月28日 おっ母さんが現れた兵庫の剣と半次の涙 8.8 %
第7話 9月4日 兵庫の婚約者現る!?藩の陰謀と女の闘い 9.4 %
最終話 9月11日 チャンバラに愛をこめて!!さらば皆の衆 9.2 %

平均視聴率 9.05 %(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

(※8月21日は、世界競泳2007中継のため休止)

スタッフ[編集]

  • チーフプロデューサー:田中芳之
  • プロデューサー:田中芳之(テレビ朝日)、小嶋雄嗣、矢後義和(東映
  • 原作:南條範夫『月影兵庫』(光文社文庫刊)
  • 脚本:奥村俊雄(第1、3、5、8話)、渡辺善則(第2、4、7話)、森山あけみ(第6話)
  • 音楽:栗山和樹
  • 監督:猪崎宣昭(第1、2話)、上杉尚祺(第3、4、7、8話)、一倉治雄(第5、6話)
  • 製作:テレビ朝日東映

主題歌[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “松方弘樹亡き父へ果たし状…近衛十四郎代表作に挑む”. ZAKZAK. (2007年7月17日). オリジナル2007年8月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070825183151/http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_07/g2007071708.html 2014年5月22日閲覧。 
  2. ^ テレビ朝日系列としては「必殺仕事人2009」(朝日放送・松竹と共同製作)などで時代劇ドラマの放送をほぼ毎年継続している。

外部リンク[編集]

テレビ朝日系列 火曜日19時台(2007年7月 - 2007年9月)
前番組 番組名 次番組
素浪人 月影兵庫
(ここまで火曜時代劇
テレビ朝日系列 時代劇
前番組 番組名 次番組
素浪人 月影兵庫
(ここまで火曜時代劇枠)
必殺仕事人2009
(朝日放送・テレビ朝日共同制作)
(ここから金曜日に移動)