素九鬼子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
素 九鬼子
(もと くきこ)
誕生 松本恵美子→内藤 
1937年1月28日
日本の旗 日本愛媛県西条市
職業 作家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1938年 - 1977年 
ジャンル 小説
代表作 旅の重さ』(1972年
パーマネントブルー』(1974年
大地の子守歌』(1974年
鬼の子ろろ』(1977年
さよならのサーカス』(1977年
『鳥女』(1975年
デビュー作 旅の重さ
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

素 九鬼子(もと くきこ、本名:内藤 恵美子〈ないとう えみこ〉、1937年1月28日 - )は、日本小説家

経歴[編集]

愛媛県西条市生まれ。愛媛県立西条高等学校を1年で中退。結婚後に起稿された処女作『旅の重さ』の原稿を由起しげ子に送るが、そのままになっていた。由紀の死後、筑摩書房が遺品を整理中に偶然、原稿が発見されて刊行され、ベストセラーとなり、刊行後に知人からの知らせで初めて自分の作品が出版されていることを知り、名乗りでたあと作家となる。作品は映画化もされた(監督:斎藤耕一)。

1974年『パーマネントブルー』で直木賞候補、同年『大地の子守唄』、1975年「ひまやきりしたん」で三度直木賞候補となる。1977年以後、作家活動を停止していたが、2015年、ひさびさに新刊『冥土の季節』を上梓する。

夫は法政大学経営学部長を務めた内藤三郎

著書[編集]