納所弁次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
納所 弁次郎
Nosho Benjiro.jpg
納所弁次郎
基本情報
出生名 納所 辯次郎
生誕 慶応元年9月24日1865年11月12日
死没 昭和11年(1936年5月11日
学歴 築地一致英和学校
音楽取調掛
ジャンル 唱歌
職業 作曲家

納所 弁次郎(のうしょ べんじろう、慶応元年9月24日1865年11月12日) - 昭和11年(1936年5月11日)は、日本作曲家、音楽教育家。

娘は童謡歌手の納所文子納所米子納所みち子、姉は日本基督教会の牧師三浦徹の妻りう

『兎と亀』、『おつきさま』、『桃太郎』、『さるかに』などの作曲者として知られる。

経歴[編集]

幕臣納所重兵衛の四男として武蔵国江戸築地に生まれた[1]。六人兄弟の末っ子。1880年(明治13年)頃、築地一致英和学校(現・明治学院大学)に入学。1883年(明治16年)2月に音楽取調掛に伝習生として入学。ピアノを鳥居忱瓜生繁子ソーブレット、唱歌を上真行に学んだ。これ以前にビオラをフランツ・エッケルトに習っていたこともある。

1887年(明治20年)2月、音楽取調掛卒業後、研究生兼教務嘱託となる。1888年(明治21年)9月、学習院奉職。1897年(明治30年)、明治音楽会を同志と起しオーケストラの紹介に務める(独唱・ビオラ担当)。1903年(明治36年)10月、華族女学校兼務。

1912年(大正元年)、学習院を辞し森村小学校(現在の森村学園初等部)に教鞭を取る。その他明治女学校頌栄女学校東京高等商業学校などでも指導にあたる[2]。森村小学校退職後仙台に移住し、同地で没した。

田村虎蔵とともに言文一致体の唱歌を提唱し、『幼年唱歌』『少年唱歌』『尋常小学唱歌』『高等小学唱歌』の編纂に当たった。

栄典[編集]

作曲した主な歌曲[編集]

  • 兎と亀(作詞:石原和三郎
  • おつきさま(作詞:石原和三郎)
  • 桃太郎(作詞:田辺友三郎
  • さるかに(作詞:石原和三郎)
  • 凱旋
  • 弁慶
  • 笛と太鼓
  • 新高山(作歌・鳥山啓) 1898年 教科適用新唱歌第弐篇・収録
  • 鉄道唱歌 第四集北陸編 1900年
  • 地理教育 世界唱歌 上巻(作歌:大和田建樹) 1900年
  • 国民教育忠勇唱歌 第五集「牛若丸」 (作歌・大和田建樹) 1901年
  • 旅順陥落軍歌(作歌・佐々木信綱) 1904年
  • 仁川の海戦(作歌・鈴木青湖) 1904年
  • 征露軍歌 橘大佐(作歌:大和田建樹) 1904年
  • 征露大捷記念唱歌 一等国(作歌・黒田松涛) 1906年
  • 森村学園校歌 (作詞:深井虎蔵) 1919年

参考文献[編集]

  • 『楽界生活四十五年』納所弁次郎 音楽世界5月号・第3巻第5号 昭和6年

脚注[編集]

  1. ^ 倉田喜弘監修『昭和前期音楽家総覧―『現代音楽大観』』下巻188ページ及び日本近代音楽館編『明治の作曲家たち』26ページ
  2. ^ 『楽壇生活四十五周年記念に際して』納所弁次郎 月刊楽譜・第20巻第5号 1931年
  3. ^ 『官報』第8257号、「叙任及辞令」1910年12月28日。