紅音ほたる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あかね ほたる
紅音 ほたる
プロフィール
別名 秋月 杏奈
秋本彩
愛称 紅(べに)
生年月日 1983年10月25日
現年齢 31
出身地 日本の旗 日本大阪府
血液型 O型
公称サイズ[要出典]
身長 / 体重 157 cm / kg
スリーサイズ 83 - 58 - 83 cm
ブラのサイズ E65
備考 [1]
活動
ジャンル アダルトビデオ
AV出演 2004年 - 2008年
他の活動 女優
タレント
AV女優テンプレート | カテゴリ

紅音 ほたる(あかね ほたる、1983年10月25日 - )は、日本の元AV女優女優タレント大阪府出身[1]

略歴

2004年秋月 杏奈(あきつき あんな)としてAVデビュー。当初はギャル系だったが、ロリ系にイメージチェンジをし、キカタン女優として大人気になる。秋月杏菜名義での出演作もある。同年12月、前の事務所より移籍して紅音ほたるに改名。改名してからしばらくして、ロリ系からギャル系にイメージを戻した。

2005年、2005『週刊プレイボーイ』AVアカデミー賞新人賞を受賞。

2006年、MIMI麻生岬とともにケイ・エム・プロデュースの企画レーベル「おかず。」のキャンペーンガール、「チームコギャル」に選ばれた。

2008年9月、『週刊プレイボーイ』9/15号でのインタビューにおいて、AV女優からの引退を発表し、同年11月2日のイベントをもってAV女優を引退。

引退後はタレント活動と共にHIV予防啓発活動などの女性向けの性意識改革プロジェクトを推進。2010年5月、一般社団法人つけなアカンプロジェクトを設立。同団体代表理事に就任。

2011年6月、台湾HIV基金主催で中華民国 (台湾) の国会である立法院内でのHIV検査週間啓発記者会見にてスピーチ。同時に公認HIV啓発大使に就任[2]

人物

潮吹きクイーンとして有名で[3]、紅音のほとんどの出演作品で潮吹きが見られる。そのため潮吹きにまつわるものを中心に様々なエピソードがある。

  • 潮吹きの強さは、天井にまで潮が届いてしまうこともあるほど。その強さのため、AV撮影中にビデオカメラが潮をかぶり使用不能になったことも多いといい、本人曰く「20台以上は壊している」らしい。一応潮を吹く直前にはカメラマンにその旨を告げるようにしているのだが、一方で潮吹きの瞬間は最大の見せ場でもあるため、カメラマンが撮影を優先した結果カメラがもろに潮を被ってしまうのだという[4]。ただ、潮吹きは圧がかかって尿道が裂けるような状態になるため、かなり痛かったと語っている。
  • 潮吹きの量の多さのため脱水症状になりかけたこともあるといい、AVの撮影現場では水分補給のためポカリスエット(それも2リッターのペットボトル)が欠かせない。1回の撮影には5リットル程飲むとのこと。そのためAV関係者の間では「紅音ほたるはポカリがないと機嫌が悪くなる」と言われているらしいが、本人によれば別にスポーツドリンクであればブランドは何でもいいとのこと[4]。ポカリを使用している理由は、撮影現場で脱水症状を起こし病院に行った際に潮吹きで脱水したとは言えず「汗をかいた」と言ったところ医師から「水よりポカリ飲め」と言われたことによる[5]
  • 「紅音ほたるのおもちゃ生活」で販売するグッズに関しては、全て自らが試しただけでなく「潮を吹いた」ものを販売しているとのこと[4]
  • 女性人気も高く、mixiではマイミクシィを女性に限っているが、それでも1000人の枠が常に満杯状態 [4]。そこで女性ファンから性の悩み相談を受けるようになったことから、自分が性の悩みや性感染症に対する啓発活動をしていこうと考えるようになり、遂には2008年11月でのAV女優からの引退を決意させるまでになった。[5]

出演

映画

テレビ

ラジオ

インターネット放送

CD音源

CM出演

IV

  • 競泳水着フェティシズム6(日本メディアサプライ、2006年4月21日) …共演:杉山圭速見怜

PV

書籍

作品(アダルトビデオ)

秋月杏奈・秋月杏菜 名義

紅音ほたる 名義

2004年
個人総集編
  • 秋月杏菜です。 THE BEST REMIX(2005年3月1日、WANZ)
  • ベストセレクション ホタル☆せいかつ(2005年11月25日、FREE STYLE)
  • 絶頂ヴィーナス 〜Perfect Collection〜 12コーナー4時間(2006年2月1日、MOODYZ)
  • スペシャル 完全永久保存版(2006年12月7日、アイエナジー)
  • デビュー当時の紅音ほたるが見れる!おかたーいし◆ご◆と◆で働く特選娘 作品集240分(2006年12月21日、DEEPS)
  • SUPER BEST 4時間(2007年2月1日、WANZ)
  • VERY BEST OF 紅音ほたる 完全版(2007年2月16日、おかず。)
  • デラックス(2007年3月22日、アイエナジー)
  • 潮吹き4時間スペシャル(2007年5月13日、MARX Brothers)
  • VERY BEST OF 紅音ほたる 2(2007年5月18日、おかず。)共演:乃亜
  • 生本番8時間13ハメ+1 77噴射(2007年7月5日、SOFT ON DEMAND)
  • Platinum コレクション 4時間(2007年9月1日、WANZ)
  • 紅音ほたるスペシャル 2 完全永久保存版(2008年5月22日、アイエナジー)
  • HISTORY 16時間4枚組(2008年10月31日、TMA)
  • 超絶BEST(2009年1月13日、KARMA)
  • まるごと紅音ほたるDX(2009年2月7日、桃太郎)
  • KUKIピンクファイル あのピンクファイルで魅せる! (2009年9月25日、KUKI Pink)
  • ノーカット(2012年3月1日、NIRVANA)
  • 伝説のプレミアムAV女優 8時間(2012年7月15日、WANZ)
  • コンプリート8時間(2012年11月13日、MARX Brothers)
  • 潮吹きクィーン 16時間(2012年11月19日、Rookie

イベント出演

  • レッドリボンライブ2007(2007年11月30日 渋谷クラブAX)
  • 紅音ほたる・公開エイズ検査@赤枝先生主催街角無料匿名エイズ検査

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b 公式プロフィール”. MOODYZ. 2015年3月5日閲覧。
  2. ^ 日本の紅音ほたるさんがHIV予防大使に、予防啓発を訴え=台湾”. サーチナ (2011年7月2日). 2015年3月5日閲覧。
  3. ^ 「潮吹きイキまくり絶頂キープ」”. ベストビデオ (2004年). 2012年9月2日閲覧。
  4. ^ a b c d 週刊プレイボーイ』2008/9/15号のインタビューによる。
  5. ^ a b [1][リンク切れ]

外部リンク