紀豊城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

紀 豊城(き の とよき、生没年不詳)は、平安時代前期の人物。美濃守紀善峯の子。無官位。

経歴[編集]

勝手気ままに振る舞う性格であったことから、しばしば異母兄・夏井から厳しく責めたてられた。これを苦にして豊城は大納言伴善男の許へ身を寄せてその従僕となる。貞観8年(866年)に発生した応天門の変では、豊城は伴善男・中庸親子らと共に首謀者とされる。本来は斬刑に当たるところ減刑され、安房国への流罪となった[1]

脚注[編集]

  1. ^ 日本三代実録貞観8年9月22日条

参考文献[編集]