紀諸人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
紀諸人
時代 飛鳥時代末期 - 奈良時代
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位上内蔵頭正一位太政大臣
主君 文武天皇元明天皇
氏族 紀氏
父母 父:紀国益?
兄弟 諸人清人?
道氏娘
橡姫、諸成、鯛麻呂
テンプレートを表示

紀 諸人(き の もろひと)は、飛鳥時代末期から奈良時代にかけての貴族従五位下・紀国益の子?[1]官位は従五位上・内蔵頭正一位太政大臣光仁天皇の外祖父。

経歴[編集]

慶雲4年(707年従六位上から従五位下に叙せられる。内蔵頭在任中の和銅2年(709年)3月陸奥国越後国両国の蝦夷を征討するために征越後蝦夷副将軍に任ぜられる。同年8月征討を完了して征蝦夷将軍佐伯石湯と共に帰朝、元明天皇に招かれて特別に恩寵を与えられた。同年10月志貴皇子の妃となっていた娘の橡姫(とちひめ)が白壁王を生んでいる。

没後の宝亀元年(770年)白壁王が即位(光仁天皇)したことから、宝亀10年(779年天皇の外祖父として従一位を、延暦4年(785年)には桓武天皇の外曽祖父として正一位太政大臣追贈されている。

官歴[編集]

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 尊卑分脈』では園益の子とし、園益は『続日本紀』の国益と同人との附註がある。
  2. ^ a b 鈴木真年『諸系譜』第一冊,紀朝臣

参考文献[編集]