紀見トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

紀見トンネル(きみトンネル)は、大阪府河内長野市和歌山県橋本市とを結び、県境の紀見峠を貫くトンネルである。

道路(国道371号)が通る紀見トンネルと、鉄道(南海高野線)が通る紀見トンネル新紀見トンネルの3つがあり、鉄道トンネルには「紀見峠トンネル」という通称がある。

両トンネルは河内長野側で立体交差する形となっているため、トンネル通過前後では道路と鉄道の位置関係が左右逆になる。

国道トンネル[編集]

紀見隧道(紀見トンネル)
R371 Kimi Tunnel (Wakayama).jpg
国道371号 紀見トンネル 和歌山側
概要
位置 大阪府 - 和歌山県
座標 北緯34度22分38.4秒
東経135度36分16.7秒
座標: 北緯34度22分38.4秒 東経135度36分16.7秒
現況 供用中
所属路線名 Japanese National Route Sign 0371.svg国道371号
起点 大阪府河内長野市天見
終点 和歌山県橋本市柱本
運用
建設開始 1968年(昭和43年)3月
開通 1969年(昭和44年)3月
所有 国土交通省
管理 国土交通省
通行対象 自動車歩行者
技術情報
全長 1,453 m
道路車線数 片側1車線
設計速度 -- km/h(法定速度:40 km/h)
高さ 290 m
9.00 m
テンプレートを表示
国道371号標識

正式名称は紀見隧道であるが、紀見トンネルと呼ばれている。都市計画道路「高槻橋本線」として事業化され、1969年(昭和44年)3月に国道170号として開通し、1982年(昭和57年)4月1日に国道371号に指定替えされた。

トンネル構造は建設当時に主流であった横流換気方式(つり下げ天井トンネル)であり、笹子トンネルと構造上類似している[1]

笹子トンネル天井板落下事故を受けて2012年12月5日から11日までに天井とその周辺についての緊急点検が実施され、「異常なし」と報告されたが[2][3]、翌2013年1月3日に、大阪方面入り口から東側の約1メートル四方の側壁が落下・散乱する事故が起きている。事故当時車両が走行中であったが、これを回避して負傷者などは発生しなかった[4][5]。老朽化が進んでいることもあり、国道371号バイパスの新設と同時に(仮称)新紀見トンネルへの代替を計画しつつも長らく進展がなかったが、ようやく2015年度に着工する見込みとなり、現在は調査及び設計の段階にある[6][7]

  • 全長 : 1,453m
  • 規格 : 道路構造令・第3級第2級
  • 車道幅員 : 6.50m(2車線)
  • 全幅員 : 9.00m
  • 完成年 : 1969年

(仮称)新紀見トンネル[編集]

大阪橋本道路の国道371号バイパス(石仏バイパス、橋本バイパス)の中で最大となるトンネルで、現在の紀見トンネルの代替として予定されている[6]。全長2,111m(大阪府1,373.5m、和歌山県737.5m)、片側1車線トンネルで計画されている[8]。トンネル断面は上半単心円、基本工法は発破掘削方式として検討されている。

以前は、両端から施工を進めるとしていたが、大阪府の財政難により石仏バイパス工事に遅れが生じ、着工の目途は立っていなかった[6]。そのため、2014年度より、府県境で分断されていた大阪府と和歌山県の2つの事業を統合し1つの整備計画として、2015年度に和歌山県側から一連で着工する計画に見直し、調査及び設計を行うことが検討されており[7]、また2021年~2024年までに供用を開始することが、2013年10月17日の9月定例府議会「都市住宅常任委員会」で決定している[9]


鉄道トンネル[編集]

紀見峠トンネル
(紀見隧道・新紀見トンネル)
概要
路線 南海電気鉄道高野線
位置 大阪府 - 和歌山県
座標 (紀見)北緯34度22分48.7秒
東経135度36分3.4秒

(新紀見)北緯34度22分48.1秒
東経135度36分4.7秒
現況 供用中
起点 大阪府河内長野市天見
終点 和歌山県橋本市矢倉脇
運用
建設開始 (紀見)1900年(明治33年)
(新紀見)1973年(昭和48年)5月
完成 (紀見)1914年(大正3年)11月
開通 (紀見)1915年(大正4年)3月11日
(新紀見)1976年(昭和51年)4月4日
所有 南海電気鉄道
通行対象 鉄道車両
技術情報
全長 (紀見)1,562 m(上り線専用)
(新紀見)1,853 m(下り線専用)
軌道数 1(単線
軌間 1,067 mm
電化の有無 有 (直流1500 V
テンプレートを表示

紀見トンネル[編集]

南海高野線の天見駅 - 紀見峠駅間にあるトンネルで、正式には紀見隧道である。通称は新紀見トンネルと合わせて「紀見峠トンネル」とされている。1914年(大正3年)12月に完成し、翌1915年(大正4年)3月11日に供用開始された。全長は1,562m。橋本側南坑口の上部には当時、高野線を経営していた高野登山鉄道の社長根津嘉一郎が揮毫した「紀見隧道」の扁額が掲げられている。新紀見トンネル開通時には、紀見トンネルも改修されて上り線用となった。

新紀見トンネル[編集]

1976年(昭和51年)4月4日複線化のため、東側に並行して下り線用として新紀見トンネル(全長1,853m)が開通した。こちらも通称は「紀見峠トンネル」で統一している。複線化は1979年(昭和54年)5月26日、4年後の1983年(昭和58年)には紀見峠駅のリニューアルも行われた(但し駅舎は現在も複線化前と変わらず、自動改札はある)。


脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]