紀元前8世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
紀元前750年代から転送)
千年紀: 紀元前1千年紀
世紀: 前9世紀 - 紀元前8世紀 - 前7世紀
カピトリヌスの雌狼英語版カピトリーノ美術館蔵)」。画像は牝狼の乳を飲むロームルスレムスの銅像。ロームルスは都市国家ローマを紀元前753年に建国したと伝えられる初代王。
ディピュロンのアンフォラ英語版」。ギリシア陶器の幾何学様式後期を代表する名品で現在はアテネ国立考古学博物館が所蔵している。
ホメロス。『イリアス』『オデュッセイア』をまとめたとされる盲目の吟遊詩人。画像はウィリアム・ブーグローによる歴史画「ホメロスと案内人」(ミルウォーキー美術館英語版蔵)。
聖地オリンピア。もともとゼウス神が祀られていた神域で、紀元前8世紀からこの神に捧げられるオリンピアの競技が行われることになった。画像は紀元前740年頃に作製され競技に際し奉献されたラコニア様式の青銅製の馬の像(ルーヴル美術館蔵)。
ウラルトゥ王国の繁栄と凋落。ウラルトゥの王サルドゥリ2世の時に勢力が最大となったが、隣国アッシリアに攻め込まれて衰退した。画像はウラルトゥの主神ハルディの像(アルメニアエレバン・エレブニ要塞博物館蔵)。
ドゥル・シャルキン。アッシリア王サルゴン2世の時代に造営された都で10年余ほど用いられた後、ニネヴェに改めて遷都され放棄された。保存状態は悪くなく多くの浮彫で飾られた宮殿の城壁が発掘されている。画像はサルゴン2世と家臣の浮彫(ルーヴル美術館蔵)。
アッシリア支配下のフェニキア人。海上交易を保護されたフェニキア人はこの時代にも大きな足跡を残した。画像はドゥル・シャルキンにかつてあった浮き彫りで、船舶を用いて木材運搬に従事するフェニキア人たちが刻まれている(ルーヴル美術館蔵)。


(きげんぜんはちせいき、きげんぜんはっせいき)は、西暦による紀元前800年から紀元前701年までの100年間を指す世紀

出来事[編集]

紀元前800年代[編集]

紀元前780年代[編集]

  • 紀元前786年 - ウラルトゥ王アルギシュティ1世が即位し、ウラルトゥの領土拡大が始まる。
  • 紀元前780年 - 周で涇水・渭水・洛水の三川の水が涸れて岐山が崩れる大地震が発生(三川岐山地震)。

紀元前770年代[編集]

紀元前760年代[編集]

紀元前750年代[編集]

紀元前740年代[編集]

紀元前730年代[編集]

紀元前720年代[編集]

紀元前710年代[編集]

紀元前700年代[編集]

人物[編集]

中国[編集]

王政ローマ[編集]

ギリシア[編集]

オリエント[編集]

南アジア[編集]

日本の社会[編集]

脚注[編集]

注釈

出典

[脚注の使い方]

関連項目[編集]