紀元前544年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世紀 前7世紀 - 前6世紀 - 前5世紀
十年紀 前560年代 前550年代
前540年代
前530年代 前520年代
前547年 前546年 前545年
紀元前544年
前543年 前542年 前541年

紀元前544年(きげんぜんごひゃくよんじゅうよんねん)は、西暦ローマ暦)による年。

紀元前1世紀共和政ローマ末期以降の古代ローマにおいては、ローマ建国紀元210年として知られていた。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前544年と表記されるのが一般的となった。

南伝(上座部仏教)説では、釈迦入滅の年とされ、ミャンマースリランカでは、この年を仏滅紀元仏暦)元年とする[1]

他の紀年法[編集]

できごと[編集]

ギリシア[編集]

中国[編集]

  • 景王が即位した。
  • 郟敖が即位し、公子囲令尹となって補佐した。
  • 献公が死去し、襄公が即位した。
  • 荀盈の主導での高止・仲孫羯の華定・の大叔儀・の公孫段らが集まり、に城壁を築いた。
  • の公子季札が魯に使節としてやってきた。
  • 斉の公孫蠆(子尾)と公孫竈(子雅)が高止(子容)をに追放した。このため高止の子の高豎が盧で反乱を起こした。

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ タイカンボジアラオスでは、入滅の翌年である紀元前543年を元年とする。

関連項目[編集]