紀元前451年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
世紀 前6世紀 - 前5世紀 - 前4世紀
十年紀 前470年代 前460年代
前450年代
前440年代 前430年代
前454年 前453年 前452年
紀元前451年
前450年 前449年 前448年

紀元前451年は、ローマ暦の年である。

当時は、「クラッススとアウグリヌスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元303年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前451年と表記されるのが一般的となった。

他の紀年法[編集]

できごと[編集]

ギリシア[編集]

  • ペルシア軍は、秩序を取り戻すために、反乱状態のキプロスに向かった。キモンは、ペリクレスの支援を得てキプロスの救出に向かった。
  • ペリクレスの後援の下に、アテナイ市民の両親から生まれた子供だけにアテナイの市民権を与えるというアテナイの法律が通過した。これにより、他の都市出身の住人も名誉のある職に就けるという政策が終了した。
  • ギリシアの都市国家間の戦闘により、5年間の停戦協定は終わった。キモンは、スパルタと5年間の停戦協定の交渉を行い、その中でアテナイはアルゴスとの同盟を、スパルタはティーヴァとの同盟を解消することを約束した。同年、アルゴスはスパルタと最初の「30年和平」を結んだ。

共和政ローマ[編集]

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]

関連項目[編集]