紀元前10千年紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
紀元前10千年紀以前から転送)
移動先: 案内検索
千年紀: 前11千年紀以前 - 紀元前10千年紀 - 前9千年紀

紀元前10千年紀(きげんぜんじっせんねんき)は、西暦による紀元前10000年から紀元前9001年までを指す千年紀(ミレニアム)である。現在からおよそ1万1000年〜1万2000年前に当たる。この項目では、国際的な視点に基づいた紀元前10千年紀について記載する。

紀元前10千年紀は中石器時代亜旧石器時代が始まる時期であり、完新世の最初のころである。雑穀の最初の形の耕作に基づく農業が、西南アジア肥沃な三日月地帯)で起こった[1]

世界人口はおよそ100万から1000万人の間で[2]、その大半であった狩猟採集民は、南極大陸ジーランディア以外の全ての大陸に拡散した。

最終氷期であるヴュルム氷期が終わり、現在まで続く間氷期が始まると、北部地域への再植民が行われた。

できごと[編集]

ギョベクリ・テペの遺跡(2011年)

旧世界[編集]

  • アジア: カスピ海の近くの洞穴が、人間の居住のために使われる。
  • アフリカ: エチオピアエリトリアで発見された人間の活動を表している壁画のうち、古い物のいくつかは紀元前10000年ごろの物と考えられている[4]
  • ヨーロッパ: スペイン北部・フランス南部で、アジール文化英語版が起こる。
  • ヨーロッパ: フランスで、洞窟壁画を作ったマドレーヌ文化英語版が起こる。
  • ヨーロッパ: ソリュトレを使った狩りを始める。
  • ヨルダン: ワディ・フェイナン(WF16): 大きな、卵型の建物。紀元前9600年から紀元前8200年の間にここで生活した初期の農民は、野生の植物(例えば野生の大麦、ピスタチオ、いちじくの木)を栽培、狩りをし、野生のヤギ、牛、ガゼルを移動させた[5]
  • クルディスタン: ケルマーンシャー付近のザグロス山脈: きわめて初期の農業(小麦、大麦)[6]
  • 日本: 縄文時代。人々は陶器を使用し、狩猟やドングリなどの食用の種の採集を行う。1万以上の遺跡がある。
  • メソポタミア: 人々が野生の小麦大麦を集め、モルトビールを作り始める。
  • ケルマーンシャー州ケルマーンシャーの西に、中東で最も古い(紀元前9800年以前)村がある。
  • ペルシャ: ヤギの家畜化
  • サハラ: 水牛時代英語版

アメリカ大陸[編集]

北アメリカ[編集]

オーストララシア[編集]

オーストラリア[編集]

環境の変化[編集]

紀元前10,000年ごろ:

紀元前9700年ごろ: アガシー湖が形成された。

紀元前9700年ごろ: ヤンガードリアスが終了。更新世が終わり完新世が始まる。旧石器時代が終わり中石器時代が始まる。氷層で覆われていたかなりの土地が、再び住めるようになる。

フィクションのできごと[編集]

暦法[編集]

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]
  1. ^ Roberts (1994)
  2. ^ Historical Estimates of World Population”. US Census Bureau. 2011年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月25日閲覧。
  3. ^ Kislev et al. (2006a, b), Lev-Yadun et al. (2006)
  4. ^ Pankhurst, Richard (1998). The Ethiopians. Oxford: Blackwell Publishers Ltd. pp. 5. ISBN 978-0-631-18468-3. 
  5. ^ First Buildings May Have Been Community Centers, Science Magazine, 2 May 2011. [1]
  6. ^ Farming Got Hip In Iran Some 12,000 Years Ago, Ancient Seeds Reveal, 5 July 2013 [2]
  7. ^ Ker Than (2013年8月15日). “Oldest North American Rock Art May Be 14,800 Years Old”. National Geographic. http://news.nationalgeographic.com/news/2013/08/130815-lake-winnemucca-petroglyphs-ancient-rock-art-nevada/ 2013年8月16日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]