鍋島紀久子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
紀久子女王から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
紀久子女王
HIH Princess Asaka Kikuko.jpg
1920年代
続柄 朝香宮鳩彦王第一王女
身位 女王臣籍降下
敬称 殿下→臣籍降下
出生 1911年9月12日
東京府東京市芝区・朝香宮邸
(現:東京都港区白金台
死去 (1989-02-12) 1989年2月12日(77歳没)
配偶者 鍋島直泰
父親 朝香宮鳩彦王
母親 鳩彦王妃允子内親王
テンプレートを表示

鍋島 紀久子(なべしま きくこ、1911年明治44年)9月12日 - 1989年平成元年)2月12日)は、日本の元皇族。旧名は、紀久子女王朝香宮鳩彦王同妃允子内親王の第一王女。弟に孚彦王正彦王、妹に湛子女王がいる。お印は花印。旧肥前佐賀藩主鍋島家第13代当主の侯爵鍋島直泰の夫人。

人物[編集]

1931年昭和6年)5月12日に、鍋島直泰と結婚し[1]1936年(昭和11年)に長男の直要が誕生した。

直要はのちに家督を継いで鍋島家第14代当主となった。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1308号、「告示」1931年5月13日。
  2. ^ 『官報』第849号、「叙任及辞令」1929年10月28日。p.672
  3. ^ 『官報』第1303号、「叙任及辞令」1931年05月07日。p.161
[ヘルプ]

関連書籍[編集]

  • 北風倚子 『朝香宮家に生まれて 侯爵夫人・鍋島紀久子が見た激動の時代』(PHP研究所、2008年)

外部リンク[編集]