紀あさ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
きの あさ
紀 あさ
生誕 日本の旗 日本
職業 手回しオルガン奏者、写真作家

紀 あさ(きの あさ)は、日本手回しオルガン奏者、大道芸人、写真作家。東京綜合写真専門学校出身[1]

人物[編集]

  • 手回しオルガン奏者としては、函館にて手回しオルガン職人・谷目基とともに紙芝居付きの手回しオルガンを製作。2012年のハコダテ・トリエンナーレで初披露し、「てまわしオルガンKINO」としてオリジナルの手回しオルガンによる演奏を中心に活躍している。
  • 函館で生まれた音を運ぶ任で、2013年より函館市のはこだて観光大使もつとめている[2]。はこだて国際民族芸術祭などの音楽シーン[3]、仙川人形演劇祭などの人形に関わるシーン[4]、東京蚤の市などの日常的なシーン[5]のほか、二子玉川ビエンナーレなどのアートシーンでの活躍も特徴。
  • 大道芸人としては、手回しオルガンのほか、2016年の新宿公演より函館出身の日本最高齢の大道芸人と言われるギリヤーク尼ヶ崎の黒子を務める[6]
  • 写真作家としては、ニコンサロンでの写真展のほか、海外オーストラリアでの展示などもおこなっている[1]。2016年3月26日、北海道新幹線の開業に合わせて開かれた文化行事「はこだて十人十色トレインナーレ」の企画に関わった[7][8][9]

著書[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]