糸満馬車軌道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
糸満馬車軌道
路線総延長9.3 km
軌間762 mm
停車場・施設・接続路線(休止当時)
uexKBHFa
0.0 垣花
uexBHF
蚊坂
uexBHF
金城
uexBHF
安次嶺
uexBHF
当間
uexBHF
高宮城
uexBHF
具志
uexBHF
地覇
uexBHF
伊良波
uexBHF
座安
uexBHF
保英茂
uexBHF
翁長
uexBHF
阿波根
uexBHF
潮平
uexBHF
兼城
uexBHF
川尻 ? -1920
9.3 糸満
exSTRr
沖縄県営鉄道糸満線

糸満馬車軌道(いとまんばしゃきどう)は、現在の沖縄県那覇市垣花町(国場川の左岸、現在の奥武山公園の北側)と糸満市を結んでいた馬車鉄道、およびその運営会社である。1935年(昭和10年)に休止となり、その後正式に廃止された。

路線データ[編集]

廃止時点

  • 路線距離:垣花 - 糸満 9.3km
  • 軌間:762mm
  • 駅数:16駅(起終点駅含む)
  • 電化区間:なし(全線非電化

運行形態[編集]

開業当初は30分間隔で運転され、垣花 - 糸満間を40-60分で結んでいた。

歴史[編集]

1917年(大正6年)1月に地元の資本家らが那覇 - 糸満間で旅客運送を行う馬車鉄道の起業を出願し、同年10月[1]には特許を受けた。会社は1918年(大正7年)3月に設立され、1919年(大正8年)6月に垣花 - 地覇間が開業。翌1920年(大正9年)5月までに全線が開業した。

1923年(大正12年)には競合路線となる沖縄県営鉄道糸満線が開業するが、同線は迂回ルートであったことから所要時間では糸満馬車軌道と大差なく、経営への影響は軽微だった。しかし、1931年(昭和6年)にバスの運行が始まると利用者が皆無となり糸満からの魚類運搬のみで経営困難となった。軌道や車両の保守も覚束なくなり1935年(昭和10年)9月頃には休業状態で事務所もなくなり再興の見込みもなかった[2]このように破産状態にある会社に荒れた道路を復旧できるはずもなく、やむなく関係町村の青年団により道路上の軌条を撤去することになった[3]。1939年(昭和14年)11月には正式に廃止された。

年表[編集]

輸送・収支実績・車両[編集]

年度 輸送人員(人) 貨物量(トン) 営業収入(円) 営業費(円) 営業益金(円) その他損金(円) 支払利子(円) 客車 貨車
1919 155,513 15,779 15,471 308 10
1920 145,007 35,431 34,993 438 5,242 10
1921 155,876 38 38,129 28,803 9,326 10
1922 128,784 32,672 27,362 5,310 11 3
1923 79,752 1,039 24,707 20,752 3,955 9,410 11 3
1924 87,052 114 22,475 19,257 3,218 6,194 11 3
1925 68,238 613 20,570 18,363 2,207 償却金1,750 881 11 3
1926 68,950 44 20,244 19,711 533 償却金1,567 10,291 11 3
1927 95,709 58 20,877 20,438 439 25,829 11 3
1928 102,002 45 21,002 18,363 2,639 11 1
1929 102,396 33 20,183 18,169 2,014 11 1
1930 101,944 33 20,069 20,048 21 11 1
1931 82,403 35 15,817 16,011 ▲ 194 11 1
1932 70,037 62 11,325 11,833 ▲ 508 10 1
1933 69,430 59 9,984 10,624 ▲ 640 10 1
1934 5,520 30 6,278 6,894 ▲ 616 9 1
1935 営業休止
  • 鉄道院鉄道統計資料、鉄道省鉄道統計資料、鉄道統計資料、鉄道統計各年度版

駅一覧[編集]

廃止時点

垣花(かちぬふぁな) - 蚊坂(がじゃんびら) - 金城(かなぐしく) - 安次嶺(あんしみ) - 当間(とーま) - 高宮城(たかみやぐしく) - 具志(ぐし) - 地覇(ちーは) - 伊良波(いらは) - 座安(ざあ) - 保英茂(びん) - 翁長(おなが) - 阿波根(あーぐん) - 潮平(すんざ) - 兼城(かねぐしく) - 糸満(いとまん)

接続路線[編集]

糸満駅:沖縄県営鉄道糸満線

脚注および参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 帝国鉄道年鑑』昭和3年版
  2. ^ 『糸満馬車軌道(一)・自大正六年至大正九年』290-291頁
  3. ^ 『糸満馬車軌道(一)・自大正六年至大正九年』287頁
  4. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第29回』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 「軌道運輸営業廃止」『官報』1939年12月4日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  • 帝国鉄道協会(編纂)『帝国鉄道年鑑』帝国鉄道協会、東京市麹町区有楽町、1928年5月、昭和3年版、pp. 561-562。(国立国会図書館デジタルコレクション)本書の統計は「昭和元年度」「昭和1年」の表記を使っているため本項目もそれに倣った。
  • 『糸満馬車軌道(一)・自大正六年至大正九年』(国立公文書館デジタルアーカイブ で画像閲覧可)

関連項目[編集]