粟田神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
粟田神社
Awata-jinja Shrine IMG 5611 Kyoto-8.JPG
本殿
所在地 京都府京都市東山区粟田口鍛冶町1番地
位置 北緯35度00分29.6秒
東経135度47分7.5秒
座標: 北緯35度00分29.6秒 東経135度47分7.5秒
主祭神 素戔嗚尊
大己貴命
社格 府社
創建 貞観18年(876年
本殿の様式 三間社流造
札所等 京都十六社
京都刀剣御朱印めぐり
例祭 10月15日
主な神事 夜渡り神事・体育の日前日
神幸祭・体育の日
祈年祭(湯立て)・2月17日
新嘗祭併せて火焚祭・11月23日
地図
粟田神社の位置(京都市内)
粟田神社
粟田神社
粟田神社の位置(京都府内)
粟田神社
粟田神社
粟田神社の位置(日本内)
粟田神社
粟田神社
テンプレートを表示

粟田神社(あわたじんじゃ)は、京都府京都市東山区粟田口鍛冶町にある神社

歴史[編集]

平安時代清和天皇貞観18年(876年)春に神祇官並びに陰陽寮より「この年隣境に兵災ありて、秋には疫病多いに民を悩ます」と天皇に奏上された。そこで直ちに勅が発せられ、全国の諸神に御供えをして国家と民の安全を祈願された。その際、従五位上出羽守藤原興世は勅使として感神院祇園社(今の八坂神社)に七日七晩丹精を込めて祈願された。その満願の夜、興世の枕元に一人の老翁が立ち、「汝すぐ天皇に伝えよ。叡慮を痛められること天に通じたる。我を祀れば、必ず国家と民は安全なり。」と告げられた。興世が「このように云われる神は、如何なる神ですか?」と尋ねると、老翁は「我は大己貴神なり。祇園の東北に清き処あり。其の地は昔、牛頭天王(ゴズテンノウ=スサノオノミコト)に縁ある地である。其処に我を祀れ。」と言いて消えました。興世は夢とは思わず神意なりと朝廷に奏上し、勅命により直ちにその地に社を建てて御神霊をお祀りした。

また一説には、孝昭天皇の分かれである粟田氏がその地を治めていた時に氏神として当社を創建したとも云われている。

旧社名は、感神院新宮(カンジンインシングウ)、粟田天王宮と称されていたが、明治になり粟田神社と改称された。 八坂神社と同じ素盞鳴尊大己貴命を祭神とするところから感神院新宮とよばれていた。[1]

京の七口の一つである粟田口に鎮座し、古くから旅立ち守護の神として崇敬を集めており、現在でも旅行に出発するに際し絵馬を奉納したり、お守りを買い求める人がいる[2]。旧社名は、「感神院新宮」「粟田天王宮」と呼ばれていたのが、明治になり「粟田神社」と改められた。

Awata-jinja's charm-1.jpg

祭神[編集]

御祭神は、

左座の八大王子命は素戔嗚尊の八柱の御子神であり、八島士奴美神五十猛神大屋彦神大屋津媛神抓津媛神須勢理媛神大年神宇迦之御魂神とされる。

祭礼[編集]

Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:祭礼の様子の画像提供をお願いします。2016年7月
粟田祭で用いられる神輿

10月の体育の日前日に行われる夜渡り神事、体育の日に行われる神幸祭、10月15日に行われる例大祭を総称して、粟田祭(あわたまつり)または粟田神社大祭(あわたじんじゃたいさい)または粟田口祭(あわたぐちまつり)と呼ばれる。かつての例祭日は9月15日(旧暦)[3]。神幸祭には剣鉾巡行と神輿渡御が行われ、粟田祭の剣鉾は祇園祭の山鉾の原形といわれている。かつては岡崎神社の岡崎祭と祭日が重なっていたが、やがて岡崎祭は粟田祭と1日ずらして10月16日に開催されるようになった[4]

剣鉾は御霊会に使用する祭具であり、京都の祭礼に多く見られる。2012年時点で京都市内には51社が剣鉾を受け継いでいるという[5]。粟田神社には室町時代や江戸時代に製作された剣鉾が計18基伝わり[6]、それぞれ長さ7-8m、重さ40-60kg、巨大な槍状である。祭礼時には1人の差し手が剣鉾を垂直に持ち上げて運ぶ。京都で粟田祭は(祇園祭に次ぐ)「もう一つの鉾まつり」と呼ばれる[5]。1996年までは他地域から鉾の差し手を募集していたが、その後は剣鉾奉賛会の尽力で地元出身の差し手が増加した[5]。2011年には1基が新調され、「鶴鉾」と名付けられた[6]。2012年までには粟田祭に登場する剣鉾が1基から6基に増えた[5]

1717年頃に成立した『京都御役所向大概覚書』には、「神輿壱基神幸道粟田口より三条黒谷海道上江二条通迄、南禅寺松原惣門迄」とある[4]。1959年の台風で壊れた拝殿の屋根の修復費がかさんだことから、1960年から神輿の巡行は途絶えていたが、粟田祭が始まってから1000年目にあたる2000年には神輿の巡行が復活した[7]

1830年代まではねぶたを想起させる灯篭が存在していたが、その後途絶えたという[8]京都造形芸術大学の学生らがデザインを手がけ、2008年には幅2m×高さ2.5m×奥行3m程度の灯篭5基(粟田大燈呂)が復活した[8]

境内[編集]

鍛冶神社[編集]

鍛冶神社
Kaji Shrine All Scenery.jpg
所在地 京都市東山区粟田口鍛冶町1番地
位置 北緯35度0分30.9秒 東経135度47分4.3秒 / 北緯35.008583度 東経135.784528度 / 35.008583; 135.784528 (鍛冶神社)
主祭神 三条小鍛冶宗近命
天目一箇神
粟田口藤四郎吉光命
テンプレートを表示

粟田神社参道中腹、東側に位置する末社[9]。刃物、鍛冶及び勝運、開運の社として、製鉄の神である天目一箇神と、刀工三条小鍛冶宗近粟田口藤四郎吉光を祀る[10]

本神社が祀られる粟田口近辺には往古刀工が在住し、屋号は粟田口、あるいは三条通に面したことより三条小鍛冶とも号した[11]。、平安鎌倉期にかけては三条小鍛冶宗近、粟田口藤四郎吉光等の名工を輩出し、室町期には名工は見られないが、依然として名は高く、室町期の狂言『粟田口』の題材としても使われた[11]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 槇野 修『京都の寺社505を歩く<上>』PHP新書、2007年、182頁
  2. ^ 佐藤剛志「あらたな旅立ち 無事祈願」『朝日新聞』 2013年3月14日 朝刊 30面
  3. ^ 宮地直一・佐伯有義(監修)『神道大辞典』臨川書店, 1996年(縮刷復刻版), p.72
  4. ^ a b 『日本歴史地名大系 26 京都市の地名』平凡社, 1981年, p.321
  5. ^ a b c d 「剣鉾差し、こっちも優雅 祇園祭とルーツ同じ、継承へ実演会」朝日新聞, 2012年9月17日
  6. ^ a b 「粟田神社の剣鉾 江戸以来の新調」読売新聞, 2011年9月26日
  7. ^ 「『みこし巡行』41年ぶり復活 9日の粟田祭、千年の節目に」朝日新聞, 2000年10月7日
  8. ^ a b 「ねぶた? 180ねんぶり『夜渡り神事』京都・東山区の粟田神社」朝日新聞, 2008年10月13日
  9. ^ 粟田神社ホームページ 神社案内
  10. ^ 鍛冶神社現地案内板
  11. ^ a b 平凡社 日本歴史地名大系27 京都市の地名 p. 305

外部リンク[編集]

関連項目[編集]