籾井城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
籾井城
兵庫県
別名 安田城、福住城、福住古城
城郭構造 山城
築城年 不明
主な城主 籾井氏
廃城年 天正5年(1577年
遺構 曲輪石垣土塁、横堀、堀切虎口竪堀[1]
位置
地図
籾井城の位置(兵庫県内)
籾井城
籾井城

籾井城(もみいじょう)は、丹波国多紀郡東部(現在の兵庫県丹波篠山市福住)にあった日本の城山城)。安田城[2][3]福住城[3]福住古城[4]とも呼ばれる。

概要[編集]

多紀郡籾井荘を支配した国人籾井氏の居城で[1]、東には京都に向かう京街道、南には摂津に向かう摂津街道があり、それらが交差する要衝に位置した[5]。標高390m、比高140mの山上に立地し、東・西・南方向への展望に優れている[5]

天正5年(1577年)10月、多紀郡の入口にあたる籾井城は、丹波攻略を狙う織田信長の家臣・明智光秀によって攻められ[6]、同年11月には落城した[7][8]

落城時の城主は『丹波志』では籾井春重、『籾井家系譜』[9]では籾井綱重とされる[1]。綱重は籾井城の東に位置する安口(はだかす)城を隠居城として次男・綱正とともに入っており[10][注釈 1]、綱重の嫡男・綱利が籾井城を守ったとされ、綱利は籾井城落城の際に自刃したという[2]。また、明智光秀書状によるとこの時光秀が落城させたのは「籾井両城」であり[7]、籾井城と安口城を指すとみられる[12]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『丹波志』では安口城主は白井右近、または籾井氏とされる[11]

出典[編集]

  1. ^ a b c 高橋 2019, p. 86.
  2. ^ a b 奥田 1958, pp. 57-59.
  3. ^ a b 籾井城跡(福住)”. 兵庫県丹波篠山市ホームページ. 丹波ささやま五十三次. 丹波篠山市. 2020年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月6日閲覧。
  4. ^ 高橋 2000, p. 297.
  5. ^ a b 高橋 2000, p. 297; 高橋 2019, p. 86.
  6. ^ 『兼見卿記』天正5年10月29日条。
  7. ^ a b (天正5年)11月17日付明智光秀書状(「熊本三宅文書」、藤田達生・福島克彦編『明智光秀 史料で読む戦国史』(八木書店、2015年、79頁)所収)。
  8. ^ 高橋 2019, p. 76.
  9. ^ 丹波篠山市中央図書館所蔵。
  10. ^ 奥田 1958, pp. 57-59; 高橋 2019, p. 88.
  11. ^ 高橋 2019, p. 88.
  12. ^ 高橋 2019, pp. 76, 89.

参考文献[編集]

  • 奥田楽々斎 『多紀郷土史考 下巻』 多紀郷土史考刊行会、1958年。 
  • 高橋成計 「城郭データ」、八上城研究会編 『戦国・織豊期城郭論 丹波国八上城遺跡群に関する総合研究』 和泉書院〈日本史研究叢刊12〉、2000年。ISBN 4-87088-996-X 
  • 高橋成計 『明智光秀の城郭と合戦』 戎光祥出版〈図説 日本の城郭シリーズ13〉、2019年。ISBN 978-4-86403-329-9