米良成志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

米良 成志(めら しげゆき、1941年9月21日 - )は、日本政治家宮崎県東臼杵郡門川町長(1期)。

来歴[編集]

宮崎県立富島高等学校卒業。農業を経て門川町議会議員に当選。門川町議会議長も務めた。

2002年4月より門川町長を務める。町長在任中に門川町職員の公金横領が発覚した。これをすぐに公表せず、さらに職員を処分せず依願退職にした町長の責任問題に発展した。この問題が焦点となった2006年4月の町長選で新人の曽川泉に敗れた。