米良市右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

米良 市右衛門[1](めら いちえもん[1]1662年寛文2年) ‐ 1735年享保20年)4月14日)(二代米良市右衛門重但)は、熊本藩の下級武士の家柄に生まれる。通称の市右衛門は後に勘助と、(読み:いみな/意味:本名)の重但(しげただ)も実専(さねたか)と改めている。生年は、寛文2年(1662)。42歳のときに、赤穂義士最長老であった堀部弥兵衛介錯人を藩主細川綱利より命ぜられ、その役目を果たす。

概略[編集]

赤穂義士(浪士)の討ち入り

元禄14年(1701年)11月、父勘助の家督三百石を相続し、御番方(ごばんかた)に召し加えられ、御小姓(おこしょう)組となる。翌15年、三代熊本藩細川綱利の御供を命ぜられ、江戸へ上る。

江戸着任ほどない元禄15年12月24日、吉良邸討ち入り事件があり、主君浅野内匠頭の仇を討った赤穂浪士一党が、大名四家に分散し御預けとなった。大石内蔵助以下17名は、細川家下屋敷に預けられる。

介錯人白装束(切腹する武士)の背後で刀を構えている。

切腹に際し綱利は「軽き者の介錯では義士たちに対して無礼である」として、17名の介錯人を選定している。大石内蔵助に対しては重臣の安場一平を当て、それ以外の者たちにも小姓組から介錯人を選んだ。

このとき市右衛門(42歳)は、赤穂義士最長老であった堀部弥兵衛金丸(あきざね)の介錯人を命ぜられている。

享保20年4月14日病にて没する。享年74歳[1]

現在の子孫[編集]

荒川十太夫の子孫である池田元と、当該米良市右衛門の子孫である近藤健が、赤穂義士研究家の佐藤誠を介して知己となる。荒川十太夫も米良市右衛門も共に赤穂義士介錯人である。

すでに随筆春秋事務局員となっていた近藤の勧めもあり、池田が入会する。やがて、近藤は同人誌 随筆春秋の代表、池田は一般社団法人随筆春秋の代表理事を務めるようになる。

赤穂義士の討ち入りからこの2022年でちょうど320年が経過している。奇縁で結ばれたふたりの子孫である[2]


近藤健」(記事)のエピソード(セクション)に詳細が記述されている。

・「近藤健と池田元」(2022年09月18日(土)17:02 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

脚注[編集]

  1. ^ a b c http://karansha.com/merake.html 左記は、花乱社(出版社)のHP。ここに、『肥後藩参百石 米良家~堀部弥兵衛の介錯人 米良市右衛門とその族譜』(近藤健佐藤誠 著)が掲載されている。本書の299ページ以降「米良家歴代事跡」に当該米良市右衛門の出自や略歴が記されている。本書の34ページ以降「第三章 堀部弥兵衛の介錯人米良市右衛門」には、米良市右衛門が堀部弥兵衛の介錯人を務めるまでの経緯がかなり細かく記述されている。
  2. ^ https://zuishun-episode.amebaownd.com/posts/14107722 左記は、「随筆春秋資料室HP」内の「近藤健と池田元」。ここに、このあたりのことが記述されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]