米田求政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
米田求政
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 大永6年(1526年
死没 天正19年(1591年7月28日[1]
改名 源三郎貞能→求政
主君 足利義輝細川藤孝
氏族 米田氏
是政、孫:是季

米田 求政(こめだ[2] もとまさ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将

略歴[編集]

室町幕府13代将軍足利義輝に仕える。永禄8年(1565年)の永禄の変で義輝が三好三人衆などに殺害されると、三人衆や松永久秀によって興福寺に幽閉されていた将軍の弟・覚慶細川藤孝三淵藤英和田惟政一色藤長仁木義政らと共に救出した。永禄12年(1569年)からは同じく幕臣である細川藤孝に仕える。元亀元年(1570年)11月23日には求政の主催で藤孝、里村紹巴らと連歌百韻を催した。元亀2年(1571年)には山城国勝竜寺城の普請を務める。

子孫は熊本藩上卿三家の家老二座として1万5,000石と長岡姓を与えられ、さらに明治維新後には男爵となっている。

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『綿考輯録 第二巻』汲古書院、1988年
  2. ^ 「よねだ」ではない。