米村克麻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
東アジア選手権
2017 曲靖 60kg級

米村 克麻(よねむら かつま、1996年3月27日 - )は、熊本県出身の、日本柔道選手である。階級は60kg級。身長166cm。血液型はA型。組み手は左組み。得意技は背負投[1]

経歴[編集]

柔道は6歳の時に玄武館で始めた[1]九州学院中学3年の時に全国中学校柔道大会の55kg級で5位になった[1]九州学院高校1年の時には全国高校選手権の60kg級に出場するが初戦で敗れた[1]。2年の時には全国高校選手権の3回戦で敗れた[1]日体大へ進学すると、3年の時には全日本ジュニアで優勝した[1]講道館杯でも5位になった[1]。4年の時には体重別の準決勝でパーク24高藤直寿腕緘で敗れるも3位となった[2]。続く東アジア選手権で国際大会初優勝を飾った[3]国体成年男子の部では東京都の一員としてチームの2連覇に貢献した[4]

2018年からはセンコー所属となった[1]体重別では初戦で東海大学4年の永山竜樹を技ありで破るなどして決勝まで進むも、旭化成大島優磨縦四方固で敗れて2位だった[5]。2019年のヨーロッパオープン・オディヴェーラスではオール一本勝ちで優勝を飾った[6]

IJF世界ランキングは100ポイント獲得で180位(19/2/18現在)[7]

戦績[編集]

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]