米屋浩二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

米屋 浩二(よねや こうじ、1968年 - )は、山形県天童市出身のフリーランスカメラマン

経歴[編集]

東京工芸大学短期大学部卒業。広告写真家・安達洋次郎の助手、鉄道写真家・真島満秀のアシスタントを経てフリーランスに。日本写真家協会(JPS)会員。1994年よりアジア鉄道の旅を開始。インドシナ半島から東アジア諸国まで8ヵ国を、特急や急行はなるべく使わずに、鈍行列車で各駅に停まりながら鉄道に乗り巡る。2003年、「Asian train love」で富士フォトサロン新人賞受賞。

著書[編集]

  • 『ローカル線を旅する本』 ベストセラーズ
  • 『鉄道遺産を旅する』
  • 『ニッポン鉄道遺産 列車に栓抜きがあった頃』 

関連人物[編集]

外部リンク[編集]