米子ゴルフ場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
米子ゴルフ場
米子ゴルフ場
米子ゴルフ場の空中写真。
2009年6月26日撮影の8枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
所在地 日本の旗 日本
鳥取県米子市両三柳3192-2
Nuvola apps kolf.svg 概要
開業 1963年昭和38年)8月25日
運営 メンバーシップコース
設計 上田 治
運営者 株式会社 チュウブ緑地
Nuvola apps kolf.svg コース

OUT IN
HOLE PAR YARD HOLE PAR YARD
1 5 465 1 4 456
2 3 159 2 3 142
3 4 380 3 5 551
4 4 314 4 3 183
5 4 292 5 4 381
6 3 143 6 5 482
7 5 463 7 4 350
8 3 184 8 4 430
9 5 553 9 4 436
36 2953 36 3411

Nuvola apps kolf.svg その他
公式サイト 米子ゴルフ場
テンプレートを表示

米子ゴルフ場(よなごゴルフじょう)は、 鳥取県米子市両三柳にあるゴルフ場である。

概要[編集]

1938年昭和13年)6月、米子市三柳海岸に旧逓信省航空機乗員養成所米子飛行場ができ、その後、飛行場は、東京米子新京を結ぶ国際空港となり、戦後英空軍進駐接収した[1]1957年(昭和32年)頃、飛行場跡地は、赤土グリーンの3ホールの草ゴルフ場となった、造ったのが小川草太郎である[1]。仲間が加わり3人で、3ホールから6ホール、9ホールと拡大し、1959年(昭和34年)8月には、米子ロータリークラブが加わって「米子ゴルフクラブ」が発足して、同年12月には、18ホールのゴルフ場となった[1]

1960年(昭和35年)4月、国有の飛行場跡地が米子市に返還されたのを契機に、「米子にも本格的なゴルフ場を」との動きが高まっていった[1]1962年(昭和37年)10月、米子市は、飛行場跡地を米子ゴルフ倶楽部に貸与することを決定した[1]。翌1963年(昭和38年)1月、ゴルフ場の設計を上田治に依頼し、造成工事が着工、同年8月、15ホールが完成し、「米子カントリークラブ皆生コース」が開場された[1]。翌1964年(昭和39年)5月、3ホールを増設し、18ホール、7,040ヤード、パー72のゴルフ場が完成した[1]

その後、1976年(昭和51年)4月、米子市から、ゴルフ場の用地の買取要求を求め、鳥取地方裁判所米子支部に提訴した[1]。3年が経過した1981年(昭和56年)9月、米子ゴルフクラブは用地を米子市に返還し、米子市はゴルフ場として経営を行うことを条件で和解、ゴルフ場は「公営米子市ゴルフ場」となった[1]

所在地[編集]

〒683-0853 鳥取県米子市両三柳3192-2

コース情報[編集]

  • 開場日 - 1963年8月25日
  • 設計者 - 上田 治
  • 面積 - 1,322,000m2(約40.0万坪)
  • コースタイプ - シーサイドコース
  • コース - 18ホールズ、パー72、6,364ヤード、コースレート70.4
  • フェアウェー - コウライ
  • ラフ - ノシバ
  • グリーン - 1グリーン、ニューベント
  • ハザード ^ バンカー54、池が絡むホール9
  • ラウンドスタイル - キャディ・セルフ選択可、歩きと乗用カートの併用、1組4人が原則、ツーサム可
  • 練習場 - 無し
  • 休場日 - 12月31日、1月1日[2]

ギャラリー[編集]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i 『美しい日本のゴルフコース BEAUTIFUL GOLF CULTURE IN JAPAN 日本のゴルフ110年記念 ゴルフは日本の新しい伝統文化である』、ゴルフダイジェスト社「美しい日本のゴルフコース」編纂委員会編、「飛行場跡地の手造りコースが鳥取県最初のゴルフ場だった」、東京 ゴルフダイジェスト社、2013年12月、2021年4月8日閲覧
  2. ^ 「米子ゴルフ場」、ゴルフダイジェスト、2021年4月8日閲覧
  3. ^ 「米子ゴルフ場」、交通アクセス、2021年4月8日閲覧

関連文献[編集]

  • 『ゴルフ場ガイド 西版』、2006-2007、「米子ゴルフ場」、東京 ゴルフダイジェスト社、2006年5月、2021年4月8日閲覧
  • 『美しい日本のゴルフコース BEAUTIFUL GOLF CULTURE IN JAPAN 日本のゴルフ110年記念 ゴルフは日本の新しい伝統文化である』、ゴルフダイジェスト社「美しい日本のゴルフコース」編纂委員会編、「飛行場跡地の手造りコースが鳥取県最初のゴルフ場だった」、東京 ゴルフダイジェスト社、2013年12月、2021年4月8日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]