籬仔内駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
籬仔内駅
C1 Lizihnei Station, Kaohsiung LRT Circular Line.JPG
籬仔內
りしない
Lizihnei Station
(0.863km) 凱旋瑞田
所在地 台湾高雄市前鎮区凱旋四路
駅番号 C1
所属事業者 高雄捷運股份有限公司
(高雄捷運)
所属路線 環状軽軌
駅構造 地上駅
ホーム 相対式 2面2線
開業年月日 2015年10月16日
テンプレートを表示
籬仔内駅
各種表記
繁体字 籬仔內站
簡体字 篱仔内站
拼音 lízǐnèi Zhàn
注音符号 ㄌㄧˊ ㄗ ㄋㄟˋ ㄓㄢˋ
発音: リーズーネイ ヂャン
台湾語白話字 Lî-á-lāi(Lî-á-lōe) Chām
日本語漢音読み りしないえき
英文 Lizihnei Station
テンプレートを表示

籬仔内駅(りしないえき)は台湾高雄市前鎮区にある高雄捷運環状軽軌の駅。

概要[編集]

駅番号はC1凱旋三・四路一心一路・瑞隆路交差点に位置し、当路線の起点となっている。 駅名は日本統治時代に高雄市内の町名として使われていた「籬仔内」に由来する(zh:籬子內)。 将来は高雄捷運鳳山線中国語版と接続する予定。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線。

地上
凱旋四路(南行き)
歩道
単式ホーム、右側のドアが開く。簡易改札機
下り 環状軽軌哈瑪星方面凱旋瑞田駅(前鎮機廠→)
下り 環状軽軌哈瑪星方面(凱旋瑞田駅)(前鎮機廠→)
単式ホーム、右側のドアが開く。簡易改札機
歩道
凱旋四路(北行き)

利用状況[編集]

  • 現在は無料でのプレ開業だが、正式開業後は有料となり、現金での乗車はできず一卡通のみとなる。

歴史[編集]

  • 計画時の仮称は「一心路駅」だった
  • 2015年3月29日 - 駅名が「籬仔内駅」に決定。[1][註 1]
  • 2015年10月16日 - 環状軽軌第一段階区間のうち籬仔内凱旋中華がプレ開業。ただし客扱いは当駅のみで他では乗降できなかった。[2][3][4]
  • 2015年12月24日 - 当駅以外での客扱いを開始し、どの駅でも乗降が可能になった。[5]

駅周辺[編集]

バス[編集]

高雄市公車
系統 事業者 区間 備考
26路 統聯客運 瑞豊站 - 台湾鉄路管理局高雄駅
37路 統聯客運 前鎮站 - 育英医専
82路 統聯客運 瑞豊站 - 歴史博物館
83路 統聯客運 瑞豊站 - 台湾鉄路管理局高雄駅
環状幹線/環東幹線(168東) zh:漢程客運 金獅湖站 - 金獅湖站 二段運賃
環状幹線/環西幹線(168西) 漢程客運 金獅湖站 - 金獅湖站 二段運賃
一心幹線(紅18) zh:東南客運 中崙社区 - 実践大学(高雄城区中心)

隣の駅[編集]

高雄捷運
環状軽軌
籬仔内駅(起点) - 凱旋瑞田駅

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 命名活動時の第一段階での候補は一心瑞隆駅、凱旋瑞隆駅、籬仔内駅だった。第二段階での投票時の候補は籬仔内駅、瑞祥高中駅、一心瑞隆駅だった。

外部リンク[編集]