篠遠喜彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

篠遠 喜彦(しのとお よしひこ、Yosihiko H. Sinoto、1924年9月3日 - 2017年10月4日[1])は、ハワイ州ホノルルバーニス・P・ビショップ博物館に所属する、日本生まれのアメリカ合衆国人類学[2]ハワイ諸島フランス領ポリネシアをはじめ、太平洋全域に及んだ人類学的探険調査によって知られている[3]

経歴[編集]

東京生まれ[4][5]、父は遺伝学者篠遠喜人1954年カリフォルニア大学への留学のためにアメリカ合衆国本土へ向かう途中で、ハワイ島におけるビショップ博物館の発掘調査を手伝い、そのまま博物館で研究に従事することとなった[4]。その後、ハワイ大学を卒業した[5]

発掘調査で出土した多数の釣り針の分析に取り組み、これによる編年手法を生み出して[4]ポリネシアにおける文化の伝播や交流関係を明らかにした[5]1962年には、「ハワイ諸島における釣針の編年及びこれとポリネシアにおける釣針の発達との関係」により、北海道大学から理学博士を授与された[6]

1964年から1965年にかけて、篠遠はマルキーズ諸島ハネ英語版で発掘調査を行い、12,000点以上の鳥の骨を収集したが、そのうち1万点近くは7種類ほどのミズナギドリウミツバメのものであった[7][8]。40年にわたって調査をしたフアヒネ島では、マラエ英語版と称される祭祀遺跡を含む有史以前の村落マエヴァ (Maeva) の復元と保全に協力した。1977年には、大洋の長距離航海に用いた大型カヌーの残骸を発見した。さらに篠遠は、ソシエテ諸島マルキーズ諸島トゥアモトゥ諸島などにも調査に赴いて、集落や遺物、移住パターンやポリネシア文化の結びつきについて研究した[3][9]

2013年に死去した 篠遠の妻、篠遠和子は、日系移民の歴史を専門とする歴史家であった[10]。篠遠の息子アキ (Aki) は、ビショップ博物館に所属する考古学者である。

栄誉[編集]

「サー・ヨシヒコ・シノトー (Sir Yosihiko Sinoto)」と名付けられたハイビスカスは、ジル・コリエル (Jill Coryell) が篠遠を讃えて創り出した交配種。この品種は、2007年に発表された。

篠遠は、1995年日本勲五等双光旭日章を受章しており[3][11]2000年にはタヒチ・ヌイ勲章英語版のシュヴァリエ章を授与されている[12]

1996年には、ポリネシア古代文化研究の業績によって、吉川英治文化賞を受賞した[13]

Sinoto's Lorikeet」(Vini sinotoi) は、かつてマルキーズ諸島にいた、絶滅したヒインコの一種であり、「サー・ヨシヒコ・シノトー (Sir Yosihiko Sinoto)」はハイビスカスの交配種であるが、いずれも篠遠にちなんで名付けられたものである[14]

おもな著作[編集]

  • 佐藤秀明 写真)秘境マルケサス諸島、平凡社、1996年
  • 荒俣宏との共著)楽園考古学、平凡社、1994年(2000年に平凡社ライブラリー版が刊行された)
  • (荒俣宏との共著)南海文明グランドクルーズ:南太平洋は古代史の謎を秘める、平凡社、2003年

脚注[編集]

  1. ^ 篠遠喜彦氏死去 ハワイ在住の考古学者”. 共同通信 (2017年10月7日). 2017年10月7日閲覧。
  2. ^ Anthropology Department Staff - Yosihiko Sinoto”. The Bishop Museum. Honolulu, HI, USA: Bishop Museum. 2012年9月22日閲覧。
  3. ^ a b c Ritz, Mary Kaye (2006年4月9日). “Devoted to making discoveries”. Honolulu, HI, USA: Honolulu Advertiser. 2012年9月22日閲覧。
  4. ^ a b c 藍野裕之 (1995年4月22日). “ポリネシアの人たちが古代カヌーで伝説の航海 タヒチからハワイへ”. 朝日新聞・夕刊: p. 12  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  5. ^ a b c デジタル版 日本人名大辞典+Plus『篠遠喜彦』 - コトバンク
  6. ^ ハワイ諸島における釣針の編年及びこれとポリネシアにおける釣針の発達との関係 篠遠喜彦”. 国立国会図書館. 2015年7月11日閲覧。
  7. ^ Reaka-Kudla, Marjorie L.; Wilson, Don E.; Wilson, Edward O. (30 September 1996). Biodiversity II: Understanding and Protecting Our Biological Resources. Joseph Henry Press. p. 150. ISBN 978-0-309-52075-1. http://books.google.com/books?id=-X5OAgAAQBAJ&pg=PA150. 
  8. ^ David W. Steadman (2006年10月15日). Extinction and Biogeography of Tropical Pacific Birds. University of Chicago Press. pp. 242–. ISBN 978-0-226-77142-7. http://books.google.com/books?id=vBZXJQ3HDg0C&pg=PA242. 
  9. ^ Ferrar, Derek (October–November 2003), photo by Linny Morris Cunningham, “Marae Mysteries”, Hana Hou! (Honolulu, HI, USA: Hawaiian Airlines, Inc.) 6 (5), http://www.hanahou.com/pages/Magazine.asp?Action=DrawArticle&ArticleID=227&MagazineID=12 2012年9月24日閲覧。 
  10. ^ “Kazuko Sinoto obituary”. Honolulu Star-Advertiser. (2013年8月23日). http://obits.staradvertiser.com/2013/08/23/kazuko-sinoto/ 2015年7月10日閲覧。 
  11. ^ “春の叙勲受章者 海外関係分”. 朝日新聞・朝刊: p. 23. (1995年4月29日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  12. ^ Arrêté n° 862 PR du 13/06/2000” [Decree No. 862 of 13.06.2000 PR] (French). 2012年9月22日閲覧。
  13. ^ “第30回吉川英治文学賞に高橋治氏”. 朝日新聞・朝刊: p. 29. (1996年3月6日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  14. ^ Altonn, Helen (2007年6月3日), “Museum anthropologist's latest honor is a hibiscus - Yosihiko Sinoto has studied ancient Pacific cultures for decades”, The Honolulu Star-Bulletin (Honolulu, HI, USA: Oahu Publications) 12 (154), http://archives.starbulletin.com/2007/06/03/news/story07.html 2012年9月24日閲覧。 

参考文献[編集]

  • Robert D. Craig, Russell T. Clement: Who's who in Oceania, 1980-1981. Institute for Polynesian Studies, Brigham Young University—Hawaii Campus, 1980 ISBN 978-0-939154-13-5